「投資」タグの記事一覧

FX(外国為替)で需要と供給の関係をトレードへ活かす方法は?

私が良く聞く定説に、出来高と値動きの関連があります。

要は、

「急激に出来高が増えると、値段は上昇する」

というものです。

これが、本当なのかどうか検証するために需要と供給からなる需給曲線を用いて考えてみます。

ある投資対象Aの数量をX軸に、価格をY軸にとります。

jyukyuu

Aの需要は価格が安くなれば多く、価格が高くなれば少なくなります(右肩下がりの曲線)。

一方、Aの供給は価格が安くなれば少なく、価格が高くなれば多くなります(右肩上がりの曲線)。

この需要曲線と供給曲線が交差した点が均衡価格であり、均衡取引量になります。

こうして、マーケット参加者の需要と供給の状態に従って価格は決まるわけです。

ここで、何かしらの事情により、需要曲線、供給曲線が変化したら、価格はどのように変化するのでしょうか。

まず、需要曲線が変化した場合を考えてみます。

何かしらのニュースなどにより、Aの需要が増大した場合、供給に変化がなければ、より多く買おうとする力が働き、需要曲線は右上にシフトします。

すると、均衡点も右上にシフトするため、新しい均衡価格は以前よりも高く、均衡取引量は以前より多くなります。

従って、この場合、価格の上昇と出来高の増加が見られます。

次に、供給曲線が変化した場合を考えてみます。

何かしらのニュースなどにより、Aの供給が増大した場合、需要に変化がなければ、売る力が弱まり、供給曲線は左上にシフトします。

すると、均衡点も左上にシフトするため、新しい均衡価格は以前よりも高く、均衡取引量は以前より少なくなります。

従って、この場合、価格の上昇と出来高の減少が見られます。

実際には、需要曲線と供給曲線は同時に動きますが、上記で見たとおり、価格が上昇する場合においても、出来高が増加する場合と、減少する場合があるわけです。

これらのことから、投資対象Aで出来高の増減により価格の変化を説明できないことがわかります。

この事実は通貨に限らず、株式や先物であっても同様に考えることができます。

つまり、残念な事実ですが、理論上、出来高によって未来の価格を予測するということはできないわけです。

では、出来高は何の役にも立たないのでしょうか?

そんなことはありません。

この事実を知っていれば、効果的に支出を削減できます。

どういうことかと言いますと、もし、あなたが購入を検討している情報商材が、

「出来高の変化により、未来の価格が予測できる」

という内容のことがセールスレターに記載されていれば、即座にその情報商材はニセモノだということがわかるわけです。

要は、情報商材の真贋を見抜くためにこの知識を利用するわけです。

正しい知識を持っていれば、詐欺商材をつかまされることもありません。

私にとっても、あなたにとっても、お金は大切なはずです。

ですので、あなたには、どうせお金を使うのであれば、是非本物のノウハウを学んで頂きたいと思います。

FXトレードの初心者が特に知る必要がある投資とトレードの違いとは

本日は、「投資」と「トレード」の違いについてお話しします。

「投資」と「トレード」は全くの別物です。

全くの別物であるにも関わらず、

「自分が投資を行っているのかトレードを行っているのかよくわかっていない」

というのが負け組トレーダーによく見られる共通点です。

最初に、答えを言います。

「投資」とは、投資対象の本質的価値に価値をおいており、「トレード」とは、投資対象の値動き(価格)に価値をおいています。

といってもよくわかりませんよね?

もう少し詳しく説明します。

株式の場合がわかりやすいのですが、「投資」においては、投資対象企業の保有している現金や土地、収益率などからある程度、その企業の本質的価値を算出することが可能です。

と言いますのも、会社四季報などを見ると、全ての上場企業に対して保有している財産や収益実績、収益予想が記載されています。

これらの情報から、その企業の本質的価値がある程度わかるわけです(ファンダメンタルズ分析と言います)。

ですので、「A社の株の本質的価値は2,000円くらいだが、現在は1,500円で取引されている。割安なので買いだ!」といった判断が可能になるわけです。

これが、「投資」です。

しかしながら、短期的には価格は需給によって決まりますので、いつ価格が本質的価値に追いつくかわかりません。

下手すると、数年経っても、価格が本質的価値に追いつかない場合もあります。

これが、「投資」が持つリスクになります。

これに対して、「トレード」の場合は投資対象の「価格」にしか意味を持ちません。

今エントリーした場合、その直後に上がる可能性が高いか、下がる可能性が高いかということが重要です。

トレード対象の本質的価値に意味はありません。

今現在の価格が上がるか下がるかのみに着目しているわけですから、需要と供給を把握することが重要です。

ですので、「トレード」の場合は、トレード対象の本質的価値を見出すファンダメンタルズ分析ではなく、より短期間の値動きを予測するのに役立つテクニカル分析が中心になるわけです。

テクニカル分析では、トレード対象のチャートを見て、値が上がるか下がるかを判断します。

その際に用いられるのが、ローソク足やテクニカル指標といったものになります。

テクニカル分析により、一時的に売られすぎたものを買って利益を上げたり、トレンドに乗るタイミングを図ることが「トレード」です。

ですから、「トレード」はしばしば「投機」とも言われます。

「機会」に資金を投じるということですね。

FXの場合は、株式の場合と違って、「本質的価値」というものが存在しないため、「投資」ではなく、「トレード」の要素が強いわけです。

もちろん、様々な経済指標を分析し、総合的に判断している場合においては、「投資」の要素がないわけではありませんが、非常に難易度が高いためオススメしません。

ですので、FX取引を行う場合は、「投資」ではなく「トレード」を行っているという認識を持っていて下さい。

私tomiは、システムトレーダーですので、株式・FXのいずれにおいても「投資」ではなく「トレード」を行っています。

一時期、株式を対象に「投資」を行っていた時期もありますが、性格的に合わなかったため、「トレード」に転向したわけです。

ですので、私tomiのブログやメルマガでは、「投資」ではなく「トレード」についての話が中心となっています。

個人的には、余程大量の資金がない限りは、「投資」ではなく「トレード」を勧めます。

その理由は、「投資」では大きなリターンが見込めないからです。

一般投資家の場合、「投資」での利回りは、長期的に見ると年利5~10%もいけば上出来ではないでしょうか。

対して、「トレード」の場合、時間軸が短くなることによる複利効果により、「投資」の数倍のリターンを見込むことができます。

少なくとも、FXの場合においては、「投資」の要素は小さく「トレード」の要素が大きいわけです。

ですので、あなたには、是非ともトレーディングスキルを磨いて頂けたらと思います。

本日は、「投資」と「トレード」の違いについてお話ししました。

あなたが行っている取引が、「投資」なのか「トレード」なのか常に意識するようにして下さいね。

FX Systemtrade Master プロジェクトのご案内

「最短・最速で、あなたを永続的に稼げるFXシステムトレーダーに育成する」というコンセプトで新しいプロジェクトをスタートさせました。

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーtomiによる新しいプロジェクトのタイトルは「FX Systematrade Master」です。

今回のプロジェクトの概要は、「最短・最速で、永続的に稼げるFXシステムトレーダーを育成する」ということですが、具体的には、「本物」のFX教材に、10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーによる「本物」のFXノウハウを融合するというプロジェクトになります。

このようなプロジェクトを始めた理由としましては、トレードスキル向上に寄与しない詐欺商材ばかりが販売されている現状を目の当たりにし、数は少ないものの確実に存在している「本物」のFX教材を手にして頂くこと、さらに、私が持つFXノウハウを融合することで、「最短・最速で、永続的に稼げるFXシステムトレーダーを育成する」ためです。

ですから、このプロジェクトは参加条件が少し特殊です。

この参加条件こそが、本プロジェクトのコンセプトへと繋がります。

詳しくはこちらをご覧頂ければと思います。

→ FX Systemtrade Master に参加する

現時点の私が出せる最高のコンテンツを準備しましたので、あとはあなたのやる気次第です。

プロジェクトの内容や参加条件を確認頂き、よろしければ参加してみてください。

もし、あなたが、何かFX教材の購入を検討しているのなら、それをこのプログラムの参加条件に加えることもできますので、気軽にお問合せ頂ければと思います。

少なくともFXをやったこともないようなアフィリエイターが付けている特典よりも価値のあるコンテンツを手にできるはずです。

なぜなら、10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが全てを詰め込んだ「本物」のFXノウハウなわけですから。

また、今回は参加しない場合においても、今後気になるFX教材があった際は、是非それをこの企画の参加条件に充てて頂ければと思います。

基本的に私の提供するノウハウは「トレードの本質」及び「FX市場で有効な戦略」が学べますから、FXを永続的に続けていきたいあなたにとって、最高の教材になるはずです。

是非、参加をご検討頂ければと思います。

→ FX Systemtrade Master に参加する

このページの先頭へ