「資金管理」タグの記事一覧

FXでマーチンゲール法は破産します。自動売買によくある嘘とは?

本日は、破産への最短距離であるマーチンゲール法についての話をします。

市販されている自動売買ソフトにもよく用いられているので注意しなければなりません。

マーチンゲール法とは、元々はカジノなどのギャンブルで用いられる手法です。

理屈は非常にシンプルで、最初の賭けで1万円負けたら、次は2万円賭けます。

それでも負けたら、次は4万円賭けます。

このように、勝つまで倍掛けを繰り返す手法を

「マーチンゲール法」

と言います。

この手法の一番のメリットは、何回連敗しても、勝った段階で確実にプラスになるということです。

どういうことかと言いますと、例えば1万円でスタートし、5連敗したとします。

1回目負け → -1万

2回目負け → -2万(累計-3万)

3回目負け → -4万(累計-7万)

4回目負け → -8万(累計-15万)

5回目負け → -16万(累計-31万)

この後、6回目に勝ったとすると、

6回目勝ち → +32万(累計+1万)

となります。

つまり、何回目に勝ったても、最初に賭けた金額分の利益が出るということです。

「いつ勝っても利益が出るのであれば、素晴らしい手法じゃないか!」

あなたは、そう思われたかもしれません。

しかし、それには一つ大切な視点が抜けています。

それは、

「資金は無限にあるわけではない」

ということです。

もし、10連敗したとすると、11回目の賭け金は、1024万円となります。

しかも、11回目に勝ったとしても、利益はたったの1万円です。

リスク対リターンが割に合いませんよね?究極の損大利小なわけですから。

しかしながら、10連敗というのは滅多に起こるものではありませんので、初心者であればあるほど、マーチンゲール法を用います。

結果、稀に起こる連敗により破産してしまうわけです。

実際の相場においては、

「100年の一度の暴落」

は、数年に1度くらいの頻度で起こりますので(笑)、気を付けなければいけません。

では、勝ち組FXトレーダーになるには、どのような資金管理をすれば良いのでしょうか?

その答えは、これまで述べてきたマーチンゲール法の逆をやれば良いわけです。

賭けに勝って、資金が増えれば、賭ける金額を増やし、賭けに負けて、資金が減れば、賭ける金額を減らすといった具合です。

私は、均等ポジション戦略と呼んでいますが、「逆マーチンゲール法」とも言うようですね。

資金管理は、勝ち組FXトレーダーになるための、最重要項目ですので、あなたも軽く見ないようにして下さいね。

FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント

本日は、「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント」についてお話しします。

「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」は以下の4つです。

1.勝率は重要ではないということを知る

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

3.複利運用を意識する

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

それぞれ説明していきます。

1.勝率は重要ではないということを知る

トレード初心者に多いのですが、異常に勝率にこだわる方がいらっしゃいます。

しかし、勝率はそれほど重要ではありません。

その理由は、勝率が低くても、勝つ時の額が負ける時の額よりはるかに大きければ、勝率の低さをカバーして利益を出すことができるからです。

極端な話、1勝9敗の勝率が10%であっても、1勝の利益が9敗分の損失を上回ることができれば良いということです。

このような売買ルールは、損小利大であると言えます。

損小利大の売買ルールであれば、少々勝率が低くても問題ないということです。

重要なのは勝率ではなく、トータルで勝つということですから。

損小利大をするには、「売買ルールを作る」ということが、重要です。

感情でトレードを行うのではなく、自分の作った売買ルールに淡々と従ってトレードしていくことが必要です。

これが、一つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

時間軸取引回数には密接な関係があります。

仕掛け(エントリー)してから、決済(イグジット)するまで数秒とか数分といった短期トレードの場合は、1回当たりの利益は小さいため、数多くのトレード回数を確保する必要があります。

逆に、仕掛け(エントリー)してから、決済(イグジット)するまで数ヶ月とか数年といった長期トレードの場合は、1回当たりの利益が大きいため、トレード回数が少なくても問題ないことになります。

このように、時間軸取引回数には密接な関係があります。

では、どのように時間軸を決めれば良いのでしょうか?

これは、自分の性格と生活環境をふまえて決めるべきです。

例えば、短気な性格で、長期間ポジションを保有できない(我慢できない)人は、短期トレードをするべきですし、逆にのんびりした性格で、頻繁に売買するのが性に合わない人は長期トレードをするべきです。

また、別に本業があって、常に相場を見られない環境であれば、短期トレードは困難であるといった生活環境の要因もあります。

だからこそ、自分の性格と生活環境をふまえて、ベストな時間軸を決める必要がある訳ですね。

これが、二つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

3.複利運用を意識する

利益を再トレードに使う(複利で運用する)ことにより、資産を雪だるま式に増やしていくことが可能です。

例えば、元手が100万円あったとして、年利30%で運用した場合に10年後に単利と複利でどれ程の差が出るでしょうか。

単利の場合

100万 + (30万×10) = 400万

複利の場合

100万 × 1.3 × 1.3 × 1.3、、、、、× 1.3 = 1379万

上記のように単利、複利で10年間で1000万近い差が出ます。

これこそが、複利の力の偉大さなのです。

長期的な視点を持つことで、複利の力を最大限に活かすことができます。

この強大な力を是非とも味方にしましょう。

これが、三つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

FX 取引を行うと、必ず損失を出すことになります。

これは、勝ち組トレーダーあっても同様です。

では、勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの違いはどこにあるのでしょうか?

その一つの答えは、勝ち組トレーダーは負け方が上手だということです。

負けたとしても、決して致命傷を負わない資金管理を行っています。

逆に、負け組トレーダーは1回の負けで致命傷を負い退場していく場合も少なくありません。

退場してしまうと、そのうちやってくる誰でも儲けられるような相場に参加することすらできなくなります。

ですから、決して致命傷を負わない資金管理を行う必要があるわけです。

生き残ってさえいれば、必ずチャンスはやってきますから。

これが、最後四つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

今日は「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント」についてお話ししました。

「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」

1.勝率は重要ではないということを知る

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

3.複利運用を意識する

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

の4つであるということを忘れないで下さいね。

FXの勝ち組の特徴。資金管理たった4つのポイント・考え方とは?

本日は、「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理、たった4つのポイント・考え方」についてお話しします。

見落としがちかもしれませんが、エントリー、イグジットよりも重要なのが資金管理です。

資金管理によってリスク、リターンは大きく変わります。

「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」は以下の4つです。

1.生き残ることを最優先に考える

2.ポジションサイズを考える

3.最大ドローダウンは最重要

4.レバレッジを考慮した資金管理を行う

それぞれ解説していきます。

1.生き残ることを最優先に考える

いくら優れたエントリー、イグジットのルールを持っていても破産してしまうと運用が継続できません。

いかなる相場であっても、とにかく生き残ることを最優先に考えて下さい。

「儲けたい」よりも「致命傷を負わない」ことに重きを置いた資金管理を心がけて下さい。

生き残ってさえいれば、あなたの売買ルールにあった「儲けられる」相場は、そのうちやってきます。

特に、私のように、脱サラして、不労所得での生活を目標にしている方は、なおさらディフェンス重視の戦いをしなければなりません。

これが、1つ目の「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」です。

2.ポジションサイズを考える

ポジションサイズにより、リスク、リターンは大きく変わります。

勝っているときは大きく張り、負けているときは小さく張る均等ポジションサイズ戦略(常に資金のx%張る)が基本です。

最初の内は、自分が思っている半分位のポジションサイズで丁度いいと思います。

ちなみに、私が現在運用している株式の売買ルールでは、1銘柄のポジションは全資産の3%以下です。

それも、値動きの安定している東証一部で、日々の売買代金が大きい銘柄(一億円以上)に限定しています。

昔は新興市場もトレード対象にしていましたが、値動きが大きいため、どうしても資産曲線が荒くなり、ストレスを感じることもありました。

トレード対象を、東証一部の大型株に限定してからは、資産曲線が安定し、ストレスなく運用できています。

FXにおいても、GBR/JPY(ポンド円)は値動きが荒いためポジションサイズを小さくしたり、CHF/JPY(スイスフラン円)は値動きがおとなしいためポジションサイズを大きくするといった資金管理戦略も考えられます。

これが、2つ目の「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」です。

3.最大ドローダウンは最重要

いくつに均等ポジションを割り振るか考える上で、最重要なのが最大ドローダウンです。

個人的には、過去数年の最大ドローダウンの2倍のドローダウンを受けても、平常心を保てる程度のリスクに留めておくことが、生き残っていくために大切だと考えています。

仮に、50%のドローダウンを受けた時、元の資金に戻すために、どれだけの利益を出せばいいかわかりますか?

「50%損したのだから、50%の利益を出せばいいはず」と思っていませんか?

答えは×です。

50%のドローダウンを元に戻すには100%の利益が必要です。

最初100万円あって、50%のドローダウンを受けると、資金は50万円になります。

100万円 × 0.5 = 50万円

その後、50%の利益を得たとしても、75万円にしかなりません。

50万円 × 1.5 = 75万円

元に戻すには100%の利益が必要です。

50万円 × 2 = 100万円

そのため、最大ドローダウンは10%程度に抑えておくのが無難です。

これが、3つ目の「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」です。

4.レバレッジを考慮した資金管理を行う

レバレッジを使った運用を考えている場合は、レバレッジを考慮した資金管理を行う必要があります。

レバレッジとは、自分のお金を証拠金として預けいれることで、証拠金の数倍の金額の取引を行えるようになります。

国内の一般的な株式口座では3倍、FX口座なら25倍までのレバレッジを掛けることができます。

また、資金量が増えれば増えるほど資金管理戦略も広がり、より自由度の高い戦略を行えるようになります。

私の場合、レバレッジは使用していますが、資産変動を抑えた運用を行っていますので、レバレッジを掛けたからといって、急激にリスクが高まるようなことはありません。

しかしながら、最初から上手くいくことはありませんので、慣れるまではレバレッジを抑えて運用するのが良いと思います。

これが、最後4つ目の「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」です。

今日は「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理、たった4つのポイント・考え方」についてお話ししました。

「FX勝ち組トレーダーが行う資金管理のポイント・考え方」

1.生き残ることを最優先に考える

2.ポジションサイズを考える

3.最大ドローダウンは最重要

4.レバレッジを考慮した資金管理を行う

の4つであるということを忘れないで下さいね。

このページの先頭へ