「複利」タグの記事一覧

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは安定と信用?

本日は、FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットについてお話しします。

兼業トレーダーには、FXの専業トレーダーにはない、いくつかのメリットがあります。

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは以下の2つです。

1. 毎月の安定収入がある

2. 信用がある

それぞれ説明していきます。

1. 毎月の安定収入がある

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーの一番のメリットは

「毎月の安定収入がある」

ということです。

毎月の安定収入があることの意味は、トレードで負け続けて、トレード資金がなくなってしまったとしても、これまでの生活を維持することができるということです。

ですので、兼業トレーダーは、FXの専業トレーダーよりも大きなリスクを取ることができます。

大きなリスクを取れるということは、大きなレバレッジをかけて、大きなリターンが狙えるということです。

私は、性格的にローリスクローリターン型の売買ルールを好んで使っていますが、専業トレーダーになったら、さらにローリスク型の売買ルールにしなければならないと考えています。

なぜなら、専業トレーダーでトレード資金を失ってしまうと、それは

「生活の破綻」

を意味するからです。

まだ若ければ再就職も可能ですが、それも40代以上にもなれば再就職も困難になり、非常に厳しい状況に置かれるわけです。

そういう状況を避けるためには、極限までリスクを低減する必要があるので、ローリスク型の売買ルールにする必要があるということです。

収入の面から言えば、私の場合、ローリスクローリターンの売買ルールのため、トレード収益は、まだ会社員の年収を超えてはいませんが、年によっては、本業の年収に近いくらい儲かることもあります。

要は、一般的な会社員の2倍近い収入があるわけです。

あなたは、今の2倍収入があったらどうしますか?

「高い車を買いますか?」

「ワンランク上のマンションに引っ越しますか?」

「海外旅行に行きますか?」

上記は全て間違いです。

上記のような浪費的なお金の使い方は、経費で落とせるレベルになってからするべきです。

私の場合、

「収入が増えて生活は変わったか?」

と聞かれると、ぞの答えは

「全く変わっていません(笑)」

というのが答えになります。

あまり夢のない話かもしれませんが、今の状況は、専業トレーダーもしくはアーリーリタイアへのステップだと捉えていますので、無駄使いするわけにはいきません。

儲けた分は、再投資に回して複利効果を得ることが、目標の早期達成に必要だと考えているからです。

私もまだまだ夢への途中段階ということです。

これが、一つ目の

「FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリット」

になります。

2. 信用がある

次に、FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは

「信用がある」

ということです。

「俺は信用なんて気にしない」

そういう方もいるかもしれません。

しかし、信用がないということは、日々の生活における様々な点でデメリットがあります。

仮に、あなたが、大企業の正社員や公務員だとしたら、

「信用」

は抜群です。

クレジットカードの作成や、住宅ローンも何の問題もなくパスすることができるでしょう。

しかしながら、専業トレーダーは信用という意味では、無職と大差ありません。

当然のことながら、クレジットカードや住宅ローンの審査もパスすることは困難でしょう。

これらに対する対策は、

「信用がある内にやっておく」

ということです。

信用がある内に、クレジットカードや住宅ローンの審査を終わらせた後に退職し、専業トレーダーになればよいということです。

そもそもが、専業トレーダーになろうとしているわけですから、トレード資金は潤沢にあるはずです。

カードやローンに頼らずとも、全てキャッシュで解決するのも一つの方法です。

さらに言うと、それくらいのレベルのトレーダーでなければ、専業トレーダーになる資格はありません。

遅かれ早かれ会社員に出戻ることになってしまいますので、それくらいの資金量になるまでは、専業トレーダーになるのはやめておいた方が無難です。

これは、専業トレーダーの世界がそんな簡単な世界でないことを知っているからこそ言っているわけです。

世界中の天才達が凌ぎを削っているわけですから、当然ながら、そんな簡単な世界ではありません。

あなたも、会社を辞め、専業トレーダーになる際には、くれぐれも慎重な判断で行うことをオススメします。

これが、二つ目の

「FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリット」

になります。

今更言うことでもないかもしれませんが、

「専業トレーダー」

になることは簡単です。

会社を退職してしまえば、次の日からあなたも

「(自称)専業トレーダー」

を名乗ることは可能です。

あくまで、「自称」ですが(笑)。

しかしながら、一度専業トレーダーになってしまうと、その期間にもよりますが、失敗した後に、兼業トレーダー(会社員)に戻ることは困難です。

社会的に見ると、ただの無職なわけですから。

ですから、専業トレーダーになる際には綿密な計画を練り、絶対に失敗しない(絶対に再度会社員に戻る必要がない)確信を持って、専業トレーダーとしてデビューするようにして下さいね。

FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント

本日は、「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント」についてお話しします。

「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」は以下の4つです。

1.勝率は重要ではないということを知る

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

3.複利運用を意識する

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

それぞれ説明していきます。

1.勝率は重要ではないということを知る

トレード初心者に多いのですが、異常に勝率にこだわる方がいらっしゃいます。

しかし、勝率はそれほど重要ではありません。

その理由は、勝率が低くても、勝つ時の額が負ける時の額よりはるかに大きければ、勝率の低さをカバーして利益を出すことができるからです。

極端な話、1勝9敗の勝率が10%であっても、1勝の利益が9敗分の損失を上回ることができれば良いということです。

このような売買ルールは、損小利大であると言えます。

損小利大の売買ルールであれば、少々勝率が低くても問題ないということです。

重要なのは勝率ではなく、トータルで勝つということですから。

損小利大をするには、「売買ルールを作る」ということが、重要です。

感情でトレードを行うのではなく、自分の作った売買ルールに淡々と従ってトレードしていくことが必要です。

これが、一つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

時間軸取引回数には密接な関係があります。

仕掛け(エントリー)してから、決済(イグジット)するまで数秒とか数分といった短期トレードの場合は、1回当たりの利益は小さいため、数多くのトレード回数を確保する必要があります。

逆に、仕掛け(エントリー)してから、決済(イグジット)するまで数ヶ月とか数年といった長期トレードの場合は、1回当たりの利益が大きいため、トレード回数が少なくても問題ないことになります。

このように、時間軸取引回数には密接な関係があります。

では、どのように時間軸を決めれば良いのでしょうか?

これは、自分の性格と生活環境をふまえて決めるべきです。

例えば、短気な性格で、長期間ポジションを保有できない(我慢できない)人は、短期トレードをするべきですし、逆にのんびりした性格で、頻繁に売買するのが性に合わない人は長期トレードをするべきです。

また、別に本業があって、常に相場を見られない環境であれば、短期トレードは困難であるといった生活環境の要因もあります。

だからこそ、自分の性格と生活環境をふまえて、ベストな時間軸を決める必要がある訳ですね。

これが、二つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

3.複利運用を意識する

利益を再トレードに使う(複利で運用する)ことにより、資産を雪だるま式に増やしていくことが可能です。

例えば、元手が100万円あったとして、年利30%で運用した場合に10年後に単利と複利でどれ程の差が出るでしょうか。

単利の場合

100万 + (30万×10) = 400万

複利の場合

100万 × 1.3 × 1.3 × 1.3、、、、、× 1.3 = 1379万

上記のように単利、複利で10年間で1000万近い差が出ます。

これこそが、複利の力の偉大さなのです。

長期的な視点を持つことで、複利の力を最大限に活かすことができます。

この強大な力を是非とも味方にしましょう。

これが、三つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

FX 取引を行うと、必ず損失を出すことになります。

これは、勝ち組トレーダーあっても同様です。

では、勝ち組トレーダーと負け組トレーダーの違いはどこにあるのでしょうか?

その一つの答えは、勝ち組トレーダーは負け方が上手だということです。

負けたとしても、決して致命傷を負わない資金管理を行っています。

逆に、負け組トレーダーは1回の負けで致命傷を負い退場していく場合も少なくありません。

退場してしまうと、そのうちやってくる誰でも儲けられるような相場に参加することすらできなくなります。

ですから、決して致命傷を負わない資金管理を行う必要があるわけです。

生き残ってさえいれば、必ずチャンスはやってきますから。

これが、最後四つ目の「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」になります。

今日は「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要な4つのポイント」についてお話ししました。

「FXトレードの初心者が為替で儲け続けるために必要なポイント」

1.勝率は重要ではないということを知る

2.自分に合った時間軸と取引回数を決める

3.複利運用を意識する

4.絶対に致命傷を負わない資金管理を行う

の4つであるということを忘れないで下さいね。

投資の初心者が、特に知っておくべき、投資が持つ意味・メリットとは

本日は、「投資の初心者が、特に知っておくべき、投資が持つ意味・メリット」について、あなたに知って頂きたいと思います。

まずは、自分の10年後の姿を想像してみて下さい。

私の場合は40代後半です。

あなたは、何歳になっていますか?

その時にあなたはどれだけの資産を持っているでしょうか?

例えば、現在あなたが、毎月3万円貯金できたとしたら

12ヶ月×3万円×10年 = ¥3,600,000

これくらいの資産になります。

しかしながら、あなたに運用スキルがあり、年利20%程度の複利運用ができたとしたら、どうなるでしょうか。

ちなみに、複利運用というのは利益が出たら、その利益も再投資に回す運用方法です。

詳細な計算は省略しますが、結果を言うと1,000万円を超えます。

ただ単に貯金している場合と比べて、3倍近い資産になるわけです。

本当にそんな差になるの?

と疑り深い方は下記サイトで計算してみて下さい。

積立と複利計算

ここで述べたとおり、投資の最大のメリットとは、、、

「複利の力を使うことができる」

ということです。

この力を活かせるかどうかで、あなたの未来が変わるといっても過言ではありません。

それほどまでに複利というのは強力なのです。

その証拠として、 あの天才科学者、アインシュタインも

「人類至上、最も偉大な発見は複利である。」

という意味合いの言葉を残しています。

あなたもこの強力な複利の力を活かして下さいね。

さらに、レバレッジを使えば、複利の力は更に顕著になります。

国内の一般的なFX口座なら25倍までの レバレッジを掛けることができます。

どういうことかと申しますと、FX口座に10万円入れておけば250万円までの取引を行うことができます。

レバレッジをかけない場合、1ドル100円であれば、1000通貨ドルを買うことができます

10万円÷100円 = 1,000通貨

その後、目論見通り円安が進み、1ドル101円になったとすると

1円×1,000通貨 = 1,000円

の利益が出ます。

レバレッジ25倍かけると、1ドル100円であれば、25000通貨ドルを買うことができます。

10万円×25倍÷100円 = 25,000通貨

その後、目論見通り円安が進み、1ドル101円になったとすると

1円×25,000通貨 = 25,000円

の利益が出ます。

このように、自分の保有資産以上の金額の取引が行えるため、資金増加に加速度をつけることができます。

当然のことながら、資金が減る際も加速度がついてしまいますので、レバレッジを使う際は、しっかりとした資金管理を行わなければなりません。

しかしながら、上手く使えば、さらなる複利効果を生み出すことができます。

要は使い方次第なんです。

しかし1つ問題があります。

それは、、、

「投資をしたことのない自分に、年利20%の運用なんて無理だ!」

諦めてしまうことです。

私も投資初心者の頃はそう思っていたので、その気持ちはよくわかります。

しかしながら、実際にコンスタントに利益を上げられるようになった今思うことは、

「思ったほど難しくはなかったな」

これが本心です。

そう!お金と投資について正しく学べば、利益を出し、複利運用の恩恵に預かることはさほど難しいことではないのです。

ただこれまで学ぶ機会がなかったばかりに、

「投資って難しそう、、、」

と思い込んでいるだけにすぎません。

ここで、一念発起して、投資を学んでみませんか?

人生が変わるかもしれませんよ?

今日は「投資の初心者が、特に知っておくべき、投資が持つ意味・メリット」についてお話ししました。

そのメリットというのは

・投資の最大のメリットとは、「複利の力を使うことができる」ということ

・レバレッジを使えば、複利の力は更に顕著になること

の2つであることを押さえておいて下さいね。

このページの先頭へ