「リスク管理」タグの記事一覧

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは安定と信用?

本日は、FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットについてお話しします。

兼業トレーダーには、FXの専業トレーダーにはない、いくつかのメリットがあります。

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは以下の2つです。

1. 毎月の安定収入がある

2. 信用がある

それぞれ説明していきます。

1. 毎月の安定収入がある

FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーの一番のメリットは

「毎月の安定収入がある」

ということです。

毎月の安定収入があることの意味は、トレードで負け続けて、トレード資金がなくなってしまったとしても、これまでの生活を維持することができるということです。

ですので、兼業トレーダーは、FXの専業トレーダーよりも大きなリスクを取ることができます。

大きなリスクを取れるということは、大きなレバレッジをかけて、大きなリターンが狙えるということです。

私は、性格的にローリスクローリターン型の売買ルールを好んで使っていますが、専業トレーダーになったら、さらにローリスク型の売買ルールにしなければならないと考えています。

なぜなら、専業トレーダーでトレード資金を失ってしまうと、それは

「生活の破綻」

を意味するからです。

まだ若ければ再就職も可能ですが、それも40代以上にもなれば再就職も困難になり、非常に厳しい状況に置かれるわけです。

そういう状況を避けるためには、極限までリスクを低減する必要があるので、ローリスク型の売買ルールにする必要があるということです。

収入の面から言えば、私の場合、ローリスクローリターンの売買ルールのため、トレード収益は、まだ会社員の年収を超えてはいませんが、年によっては、本業の年収に近いくらい儲かることもあります。

要は、一般的な会社員の2倍近い収入があるわけです。

あなたは、今の2倍収入があったらどうしますか?

「高い車を買いますか?」

「ワンランク上のマンションに引っ越しますか?」

「海外旅行に行きますか?」

上記は全て間違いです。

上記のような浪費的なお金の使い方は、経費で落とせるレベルになってからするべきです。

私の場合、

「収入が増えて生活は変わったか?」

と聞かれると、ぞの答えは

「全く変わっていません(笑)」

というのが答えになります。

あまり夢のない話かもしれませんが、今の状況は、専業トレーダーもしくはアーリーリタイアへのステップだと捉えていますので、無駄使いするわけにはいきません。

儲けた分は、再投資に回して複利効果を得ることが、目標の早期達成に必要だと考えているからです。

私もまだまだ夢への途中段階ということです。

これが、一つ目の

「FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリット」

になります。

2. 信用がある

次に、FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリットは

「信用がある」

ということです。

「俺は信用なんて気にしない」

そういう方もいるかもしれません。

しかし、信用がないということは、日々の生活における様々な点でデメリットがあります。

仮に、あなたが、大企業の正社員や公務員だとしたら、

「信用」

は抜群です。

クレジットカードの作成や、住宅ローンも何の問題もなくパスすることができるでしょう。

しかしながら、専業トレーダーは信用という意味では、無職と大差ありません。

当然のことながら、クレジットカードや住宅ローンの審査もパスすることは困難でしょう。

これらに対する対策は、

「信用がある内にやっておく」

ということです。

信用がある内に、クレジットカードや住宅ローンの審査を終わらせた後に退職し、専業トレーダーになればよいということです。

そもそもが、専業トレーダーになろうとしているわけですから、トレード資金は潤沢にあるはずです。

カードやローンに頼らずとも、全てキャッシュで解決するのも一つの方法です。

さらに言うと、それくらいのレベルのトレーダーでなければ、専業トレーダーになる資格はありません。

遅かれ早かれ会社員に出戻ることになってしまいますので、それくらいの資金量になるまでは、専業トレーダーになるのはやめておいた方が無難です。

これは、専業トレーダーの世界がそんな簡単な世界でないことを知っているからこそ言っているわけです。

世界中の天才達が凌ぎを削っているわけですから、当然ながら、そんな簡単な世界ではありません。

あなたも、会社を辞め、専業トレーダーになる際には、くれぐれも慎重な判断で行うことをオススメします。

これが、二つ目の

「FXの専業トレーダーに対する兼業トレーダーのメリット」

になります。

今更言うことでもないかもしれませんが、

「専業トレーダー」

になることは簡単です。

会社を退職してしまえば、次の日からあなたも

「(自称)専業トレーダー」

を名乗ることは可能です。

あくまで、「自称」ですが(笑)。

しかしながら、一度専業トレーダーになってしまうと、その期間にもよりますが、失敗した後に、兼業トレーダー(会社員)に戻ることは困難です。

社会的に見ると、ただの無職なわけですから。

ですから、専業トレーダーになる際には綿密な計画を練り、絶対に失敗しない(絶対に再度会社員に戻る必要がない)確信を持って、専業トレーダーとしてデビューするようにして下さいね。

FXでマーチンゲール法は破産します。自動売買によくある嘘とは?

本日は、破産への最短距離であるマーチンゲール法についての話をします。

市販されている自動売買ソフトにもよく用いられているので注意しなければなりません。

マーチンゲール法とは、元々はカジノなどのギャンブルで用いられる手法です。

理屈は非常にシンプルで、最初の賭けで1万円負けたら、次は2万円賭けます。

それでも負けたら、次は4万円賭けます。

このように、勝つまで倍掛けを繰り返す手法を

「マーチンゲール法」

と言います。

この手法の一番のメリットは、何回連敗しても、勝った段階で確実にプラスになるということです。

どういうことかと言いますと、例えば1万円でスタートし、5連敗したとします。

1回目負け → -1万

2回目負け → -2万(累計-3万)

3回目負け → -4万(累計-7万)

4回目負け → -8万(累計-15万)

5回目負け → -16万(累計-31万)

この後、6回目に勝ったとすると、

6回目勝ち → +32万(累計+1万)

となります。

つまり、何回目に勝ったても、最初に賭けた金額分の利益が出るということです。

「いつ勝っても利益が出るのであれば、素晴らしい手法じゃないか!」

あなたは、そう思われたかもしれません。

しかし、それには一つ大切な視点が抜けています。

それは、

「資金は無限にあるわけではない」

ということです。

もし、10連敗したとすると、11回目の賭け金は、1024万円となります。

しかも、11回目に勝ったとしても、利益はたったの1万円です。

リスク対リターンが割に合いませんよね?究極の損大利小なわけですから。

しかしながら、10連敗というのは滅多に起こるものではありませんので、初心者であればあるほど、マーチンゲール法を用います。

結果、稀に起こる連敗により破産してしまうわけです。

実際の相場においては、

「100年の一度の暴落」

は、数年に1度くらいの頻度で起こりますので(笑)、気を付けなければいけません。

では、勝ち組FXトレーダーになるには、どのような資金管理をすれば良いのでしょうか?

その答えは、これまで述べてきたマーチンゲール法の逆をやれば良いわけです。

賭けに勝って、資金が増えれば、賭ける金額を増やし、賭けに負けて、資金が減れば、賭ける金額を減らすといった具合です。

私は、均等ポジション戦略と呼んでいますが、「逆マーチンゲール法」とも言うようですね。

資金管理は、勝ち組FXトレーダーになるための、最重要項目ですので、あなたも軽く見ないようにして下さいね。

急激な円高・ドル安!FXのシステムトレードでは、売買ルールを守ることが最重要

世界経済への懸念や原油安、欧米金融機関への財務不安などのリスク要因により急激な円高ドル安が進んでいますが、あなたは利益を出せましたか?

私は、今回の急激な円高ドル安相場には、売買ルールが上手くかみ合わず、現時点で、3%ほどのドローダウンを受けています。

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーの私であっても、今回のように負けることは当然あるということです。

但し、自分自身で作った売買ルールを守って負けたのと、売買ルールを無視して負けたのでは、天と地ほどの違いがあることを理解して下さい。

私は、自分自身で作った売買ルールを守ることにより、今回の相場では損失を出しました。

あなたは、今回の急激な変動相場においても

「自分自身の売買ルール」

を守ることはできましたか?

あなたが、「自分自身の売買ルール」を守った上で、利益を出せたのであれば、それは素晴らしいことです。

また、あなたが、「自分自身の売買ルール」を守った上で、損失を出したのであれば、それは負けトレードであったとしても素晴らしいことです。

あなたの売買ルールに合った相場は必ずやってきますから、信じて運用を続けることです。

あなたが、「自分自身の売買ルール」を守らずに損失を出したのであれば、それは自業自得なのですが、やっかいなのが、「自分自身の売買ルール」を守らなかったおかげで、偶然利益が出てしまったパターンです。

「今回売買ルールを破って利益が出たんだから、次また大きな相場変動時にはルールを破ろう」

こういう思考回路になってしまったら最悪です。

その思考回路は、破滅への片道切符であることを認識して下さい。

少なくとも、「永続的に」「利益を得続ける」ことはできないでしょう。

「自分自身の売買ルールを守ることが一番大事」

このことは、何度言っても言い足りません。

聞き飽きているかもしれませんが、今一度耳を傾けて下さい。

とはいえ、もし、あなたが、

「今回のような急激な変動では、メンタルがもたない」

のであれば、レバレッジを下げるなどの資金管理の工夫をまずは行って下さい。

また、レバレッジを下げるなどの資金管理の工夫以外にもドローダウンを抑える方法があります。

それは、エントリールールに

「極端な値動きのときはエントリーを見送る」

といったフィルターを追加することです。

このフィルターは、大きな利益を取り逃がす可能性がデメリットとしてありますが、あなたにとって一番大切なことは

「どんな相場でも生き残る」

ことではないでしょうか。

あなたが、今回の相場でストレスを感じたのであれば、上記フィルターの採用を検討してみて下さい。

また、もし、あなたが自分が運命を委ねられる売買ルールをまだ持っていないのであれば、下記プロジェクトへの参加を真剣に検討してみて下さい。

→ FX Systemtrade Master に参加する

このページの先頭へ