「トレード」タグの記事一覧

FXにおけるテクニカル指標の人気?ランキング?おすすめ?を解説

本日は、FXにおけるテクニカル指標についての話をします。

いきなりですが、あなたは、どんなテクニカル指標を使ってトレードされていますか?

「移動平均?」

「ストキャスティクス?」

「ボリンジャーバンド?」

「RSI?」

「ATR?」

上記辺りは有名所なんで、少しトレード経験があれば、思いつくところでしょうか?

では、これらテクニカル指標の中で人気、ランキングやおすすめを知ることに意味はあるのでしょうか?

その答えは、、、

「全く意味がありません(笑)」

そもそも、トレードの世界において、勝ち組は少数派なわけですから、みんなと同じ思考でトレードしている限り勝ち組に入ることはできません。

逆に人気無しランキングであれば、使用価値があるかもしれません(笑)。

では、さらに突っ込んで、為替市場で使うべきテクニカル指標は何なのでしょうか?

勘の良い方ならわかっているかもしれませんが、その答えは、、、

「何でも良い」

です(笑)。

何じゃそりゃ?って感じでしょうか(笑)。

でも、これが紛れもない事実なわけです。

もちろん、通貨や時間軸によってハマりのよいテクニカル指標は存在します。

あくまで

「現時点において」

ですが。

所詮、テクニカル指標は過去のデータをどうやって解析しているかだけの話なので、下記の記事にもある通り万能ではないわけです。

→ 「FXはテクニカルのみでは勝てない、意味ない?無駄、無意味なのか?」

「現時点において」ハマりの良いテクニカル指標を知りたい場合は、ロジック公開型の情報商材を購入するというのも一つの方法です。

当然のことながら、未来を約束するものでないことは理解しておかなければなりませんし、

実際に自分の手でバックテストを行い、自分の性格に合った売買ルールに昇華させてから使用しなければなりません。

勝ち組トレーダーと負け組トレーダーを分ける部分がこの部分です。

勝ち組トレーダーは自分の手でバックテストを行い、自分の目で優位性を確認しない限りは、実際にそのロジックで運用することはありません。

対して、負け組トレーダーは、何も考えずに情報商材に書かれているロジックを鵜呑みにし、結果負けるわけです。

いかなる場合においても、

「売買ルールを構築する際には、実際に自分の手でバックテストを行う」

ということさえ守ってさえいれば、そこまで酷いことにはなりません。

実際、私が10年以上もの間、相場で生き残ってこれた理由は

「売買ルールを構築する際には、実際に自分の手でバックテストを行う」

という掟を守ってきたからに他なりません。

自分の手で苦労して作った売買ルールだからこそ、その売買ルールが得意とする相場、苦手とする相場もわかってきますし、新たな発見もあるわけです。

さらに言うと、様々なテクニカル指標を勉強し、精通することには全く意味ありません。

所詮、テクニカル指標は過去のデータをどうやって解析しているかだけの話しですので、実際に自分が理屈的に納得できる指標がいくつかあれば、それで十分です。

ちなみに、私の場合、売買ルール構築に使用するテクニカル指標は多くても3つ程度です。

それでも、十分利益の出る売買ルールは構築可能であることを追記しておきます。

似たようなテクニカル指標を組み合わせてもカーブフィッティングになるだけですのでやめて下さいね。

FXはテクニカルのみでは勝てない、意味ない?無駄、無意味なのか?

本日は、FXにおけるテクニカル分析についての話をします。

少し過激なタイトルをつけてみましたが、あなたは、FXはテクニカルのみで勝てると思われますか?

少し考えてみて下さい。

答えは出ましたか?

それでは、答えを発表するとします。

その答えは、、、

「FXはテクニカルのみでも勝てます」

「しかしながら、万能ではない」

というのが私の答えになります。

トレードで勝つための戦略は、一般的には順張りか逆張りしかないわけです。

ですので、順張りであれば、トレンドが継続する確率が高いテクニカル指標を

逆張りであれば、反発する可能性が高いテクニカル指標を

自分がトレードする時間軸に合わせてバックテストすれば、必ず見つかります。

これが、

「FXはテクニカルのみでも勝てます」

といった理由です。

では、

「しかしながら、万能ではない」

とはどういう意味でしょうか。

為替は、テクニカル以外に、重要指標やファンダメンタルズ要因など様々な影響を受けるわけです。

ですので、過去データでは、トレンド継続するポイントであったり、下げ止まることが多いポイントであっても、あっさりブレイクしてしまうことが多々あるわけですね。

これが、

「しかしながら、万能ではない」

といった理由です。

では、実際にトレードをする際に、テクニカル以外の要素をどう扱えば良いのでしょうか?

これに対する私の答えは、

「人による」

ということです。

テクニカル以外の要素を売買ルールに組み込むことで、成績が良くなる可能性はもちろんあります。

しかしながら、この場合、バックテストが容易には行えないため、売買ルールを作るのが大変だというデメリットがあります。

実際の売買も、機械的にできない場合もあるでしょう。

これに対して、テクニカル以外の要素を諦めれば、売買ルール構築は遥かに簡単に行え、売買も機械的に行えますが、無駄なトレードが増えるといったデメリットがあります。

これは、テクニカル的には買いだが、外部要因によって、買いを見送るといったことができないためですね。

私は、できるだけ手間をかけずにトレードしていきたいため、テクニカルのみで売買していますが、あなたも必ずしもそうである必要はありません。

もし、あなたが

「トレード成績を上げるためには少々の苦労は厭わない」

という性格であれば、是非テクニカル以外の要素を売買ルールに組み込むことを検討してみて下さい。

多くの困難があるでしょうが、それに見合うリターンがあるかもしれません。

FX(外国為替)で需要と供給の関係をトレードへ活かす方法は?

私が良く聞く定説に、出来高と値動きの関連があります。

要は、

「急激に出来高が増えると、値段は上昇する」

というものです。

これが、本当なのかどうか検証するために需要と供給からなる需給曲線を用いて考えてみます。

ある投資対象Aの数量をX軸に、価格をY軸にとります。

jyukyuu

Aの需要は価格が安くなれば多く、価格が高くなれば少なくなります(右肩下がりの曲線)。

一方、Aの供給は価格が安くなれば少なく、価格が高くなれば多くなります(右肩上がりの曲線)。

この需要曲線と供給曲線が交差した点が均衡価格であり、均衡取引量になります。

こうして、マーケット参加者の需要と供給の状態に従って価格は決まるわけです。

ここで、何かしらの事情により、需要曲線、供給曲線が変化したら、価格はどのように変化するのでしょうか。

まず、需要曲線が変化した場合を考えてみます。

何かしらのニュースなどにより、Aの需要が増大した場合、供給に変化がなければ、より多く買おうとする力が働き、需要曲線は右上にシフトします。

すると、均衡点も右上にシフトするため、新しい均衡価格は以前よりも高く、均衡取引量は以前より多くなります。

従って、この場合、価格の上昇と出来高の増加が見られます。

次に、供給曲線が変化した場合を考えてみます。

何かしらのニュースなどにより、Aの供給が増大した場合、需要に変化がなければ、売る力が弱まり、供給曲線は左上にシフトします。

すると、均衡点も左上にシフトするため、新しい均衡価格は以前よりも高く、均衡取引量は以前より少なくなります。

従って、この場合、価格の上昇と出来高の減少が見られます。

実際には、需要曲線と供給曲線は同時に動きますが、上記で見たとおり、価格が上昇する場合においても、出来高が増加する場合と、減少する場合があるわけです。

これらのことから、投資対象Aで出来高の増減により価格の変化を説明できないことがわかります。

この事実は通貨に限らず、株式や先物であっても同様に考えることができます。

つまり、残念な事実ですが、理論上、出来高によって未来の価格を予測するということはできないわけです。

では、出来高は何の役にも立たないのでしょうか?

そんなことはありません。

この事実を知っていれば、効果的に支出を削減できます。

どういうことかと言いますと、もし、あなたが購入を検討している情報商材が、

「出来高の変化により、未来の価格が予測できる」

という内容のことがセールスレターに記載されていれば、即座にその情報商材はニセモノだということがわかるわけです。

要は、情報商材の真贋を見抜くためにこの知識を利用するわけです。

正しい知識を持っていれば、詐欺商材をつかまされることもありません。

私にとっても、あなたにとっても、お金は大切なはずです。

ですので、あなたには、どうせお金を使うのであれば、是非本物のノウハウを学んで頂きたいと思います。

このページの先頭へ