「チャート」タグの記事一覧

FXにおける検証作業のやり方、仕方は?チャートからの仮説を証明!

本日は、FXにおける検証作業についての話をします。

FXに限らず、株式や先物においてもトレードで勝つために最重要なのが

「検証作業」

です。

勝ち組トレーダーである私の場合においても、常に新しいトレードアイデアを考えているため、年中検証作業を行っているといっても過言ではありません。

しかしながら、あなたはその重要性に気が付いていますでしょうか?

「検証作業のやり方がわからない!」

負け組トレーダーの中には、そういう方も多いかと思います。

では検証作業はどのように行えばよいのでしょうか?

FXにおける検証作業のやり方は?

「検証作業」

と一言で言っても、やり方は一つではなく非常に奥深いものとなります。

現実的な手段としては、以下の2つとなります。

1.エクセルを用いる

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

それぞれ説明していきます。

1.エクセルを用いる

それなりにトレードの時間軸が長いスイングトレーダー、ポジショントレーダーにオススメの方法です。

あなたが会社員であれば。日々の仕事でエクセルを使う機会があるでしょうから、一般の人にとって、とっつきやすいことが一番のメリットです。

また、一度やり方をマスターすれば、他の投資対象(先物など)でも使えることもメリットになります。

デメリットとしては、検証作業専用のツールではないため、1回1回の検証作業に時間がかかることと、デイトレードやスキャルピングなどの時間軸が短い場合はデータ量が多すぎて検証できないことです。

ちなみに、エクセルを用いた検証作業を学びたい場合は、下記が詳しいですので、是非参加を検討頂ければと思います。

→ FX Systemtrade Master に参加する

これが一つ目の

「FXにおける検証作業のやり方」

になります。

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

MT4等のチャートソフトには、過去の膨大なFX相場の過去データが詰まっています。(MT4の過去チャートデータが無い場合は、FXDD等のサイトからダウンロードできます)

検証ソフト(MT4等)を用いるメリットとしては、検証専用に作られているため

「自由度が高い」

ということです。

要は、あなたが、考えているアイデアの検証が行える可能性が高いということです。

デイトレードやスキャルピングの検証作業を行いたい場合、エクセルでは不可能であっても、専用ソフトであれば可能です。

デメリットとしては、

「技術的な壁やコスト」

があります。

MT4の場合は、プログラムを組まなくては、検証作業を行うことができませんし、他の検証ソフトの場合は有料の場合もあります。

これが二つ目の

「FXにおける検証作業のやり方」

になります。

いずれにせよ、あなたが行いたい検証作業の内容によって、随時使い分けていくことが重要になるわけです。

ちなみに、一般に販売されている情報商材は、検証作業の

「ネタ」

として、利用するのが正しいアプローチとなります。

本日は、「FXにおける検証作業のやり方」についてお話ししました。

「FXにおける検証作業のやり方」

1.エクセルを用いる

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

の2つであることを押さえておいて下さいね。

FXトレードの初心者必読!グランビルの法則(ローソク足と移動平均線)とは?

本日は、「FXトレードの初心者必読!グランビルの法則(ローソク足と移動平均線)」についてお話しします。

ここまでで学んだローソク足移動平均線を用いた最強のチャート分析方法グランビルの法則です。

はっきり言ってグランビルの法則をしっかりと理解していれば、それだけで利益を出せる、それくらい強力です。

そのため、ここでしっかりとグランビルの法則をマスターしておいて下さいね。

それでは、グランビルの法則の解説に入っていきます。

グランビルの法則では、「移動平均線でのトレードを行う際、8つの売買ポイントがある」と主張しています。

この8つの売買ポイントは4つの買いポイントと4つの売りポイントから構成されます。

これらの売買ポイントは、全てローソク足の動きと、移動平均線の動きのみから判断します。

実際にグランビルの法則を理解した上で、様々なチャートを見ると、いかにグランビルの法則がトレーダー達に意識されているのかということがわかると思います。

ですので、是非この機会にグランビルの法則を体得して頂けたらと思います。

それでは買いの4つの法則から説明していきます。

1.買いの法則その1

移動平均線(黒線)が下落後、横ばいになるか上昇しつつある局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上へとクロスした場合、ゴールデンクロスと呼ばれ、買いのサインとみなします。

buy1

2.買いの法則その2

移動平均線(黒線)が上昇している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下にクロスするが、そのまま下げていかずに再度ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上へとクロスした場合、押し目買いに適したタイミングとして、買いのサインとみなします。

buy2

3.買いの法則その3

ローソク足(青線)が上昇している移動平均線(黒線)の上にあって、移動平均線に向けて下落するもクロスせずに再び上昇した場合、買いの法則その2と同じく押し目買いに適したタイミングとして、買いのサインとみなします。

buy3

4.買いの法則その4

移動平均線(黒線)が下落している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)から大きく乖離して下落した場合、逆張りに適したタイミングとして買いのサインとみなします。

buy4

以上が、グランビルの法則における4つの買いポイントになります。

次に売りの4つの法則を説明していきます。

5.売りの法則その1

移動平均線(黒線)が上昇後、横ばいになるか下落しつつある局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下へとクロスした場合、デッドクロスと呼ばれ、売りのサインとみなします。

sell1

6.売りの法則その2

移動平均線(黒線)が下落している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上にクロスするが、そのまま上げていかずに再度ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下へとクロスした場合、戻り売りに適したタイミングとして、売りのサインとみなします。

sell2

7.売りの法則その3

ローソク足(青線)が下落している移動平均線(黒線)の下にあって、移動平均線に向けて上昇するもクロスせずに再び下落した場合、売りの法則その2と同じく戻り売りに適したタイミングとして、売りのサインとみなします。

sell3

8.売りの法則その4

移動平均線(黒線)が上昇している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)から大きく乖離して上昇した場合、逆張りに適したタイミングとして売りのサインとみなします。

sell4

以上が、グランビルの法則における4つの売りポイントになります。

4つの買いポイントと合わせて、グランビルの法則における8つの売買ポイントを絶対に忘れないようにして下さいね。

FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識とは

本日は、「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」についてお話しします。

チャートとは、過去の為替レートの値動きを、価格や時間を軸としてグラフにしたものです。

売買のタイミングを計ったり、売買ルールを作成する上でも非常に役に立ちます。そのため、最低限、チャートの見方は理解しておかなければなりません。

「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」は、以下の2つです。

1.ローソク足

2.移動平均線

それぞれ説明していきます。

1.ローソク足

まず、日本で最もよく用いられるローソク足チャートについて説明します。

この「ローソク足」では、1時間や1日など、時間を区切った場合の、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)を1本のローソクで表現します。

また、ローソク足の実体の上についた線を「上ヒゲ」、下についた線を「下ヒゲ」といいます。

・陽線(始値より終値が高い)

yousen

・陰線(始値より終値が安い)

insen

このローソク足の見方を理解できれば、設定した期間のローソク足の形状を見るだけで、その期間内でどのような値動きになっていたのかをイメージすることができます。

例えば、陰線で実体部分が短く、下ヒゲが長い場合は、大きく下がったものの、下値では、安いと感じたトレーダーから買いが入り、押し戻して終わったというイメージができます。

このように、ローソク足からトレーダーの心理も読み取ることができます。

そして、このローソク足が時間と共に増えていき、チャートを形成することになります。

ですので、チャートを読み取るためには、ローソク足を理解することが必要なわけです。

ローソク足を理解できると、チャートを見ただけで、トレーダーの心理がイメージできるようになります。

まずは、ローソク足を理解した上で、様々な通貨のチャートを様々な時間軸で見てみることをオススメします。

これが、一つ目の「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」になります。

2.移動平均線

ローソク足が理解できたら、次に理解すべきは移動平均線です。

移動平均線とは、ある一定期間の終値の平均を結んだ線のことで、相場のトレンドを判断するのに役立ちます。

移動平均線が上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下落トレンドといった具合です。

また、為替レートは移動平均線に収斂する特徴がありますので、為替レートが移動平均線から乖離しすぎたタイミングを狙って売買するのも有効な戦略です。

しかしながら、注意すべきは、あなたがトレードを行う時間軸によって見るべき移動平均線は異なるということです。

例えば、あなたが数分間しかポジションを持たないスキャルピングを行う場合、25日移動平均線を見ても、時間軸が違いすぎて役に立ちません

スキャルピングを行う場合に、見るべき移動平均線は5分移動平均線や25分移動平均線であるべきです。

ここでは、トレードの時間軸によって、見るべき移動平均線の時間軸が変わるということをしっかりと押さえておいて下さい。

これが、二つ目の「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」になります。

今日は「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」についてお話ししました。

「FXトレードの初心者がチャートを読み解くために特に必要な知識」

1.ローソク足

2.移動平均線

の2つであるということを覚えておいて下さい。

このページの先頭へ