本日は、「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる4つの秘密」についてお話しします。

一般の人がお金を得る方法は、大きく分けると給与、投資、ビジネス、不動産の4つです。

しかしながら、給与だけで、「幸せなお金持ち」になることは、まず不可能です。

社長にまで上り詰めた所で、年収はせいぜい数千万程度ですので、社長になるまでの苦労を考えると、全く割に合いません。

医者や弁護士などの高度な専門職も、なるまでの苦労を考えると同じく割にあいません。

即ち、普通の人がお金持ちになるには、「投資、ビジネス、不動産」の3つの方法しかないということです。

「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」は、以下の4つです。

1.不労所得を理解する

2.不労所得の作り方を知る

3.収入の流れを複数にする

4.自分の興味のある事、やっていて楽しい事をする

それでは、それぞれについて詳しく見ていきます。

1.不労所得を理解する

「給与」で得られる収入と、「投資、ビジネス、不動産」で得られる収入には、決定的な違いがあります。

それは、「お金の為に働く」ことと、「お金に働いてもらう」ことの違い、即ち「労働所得」「不労所得」の違いです。

お金の為に働いている「労働所得」がメインの収入である間は、幸せなお金持ちになることはできません。

なぜなら、あなたの体は1つしかありませんので、劇的な収入の伸びが期待できないからです。

そのため、幸せなお金持ちになるためには、「不労所得」を作っていく必要があります。

これが、一つ目の「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」になります。

2.不労所得の作り方を知る

「不労所得」を作るには、2つの方法があります。それは、「0から自分で不労所得を作り上げる」方法と「既にある不労所得を買う」方法です。

「0から自分で不労所得を作り上げる」方法は、自分のアイデアをお金に代えるという意味で、ビジネスが代表的です。

アフィリエイト等に代表されるネットビジネスでは、必要とされるスキルは色々とありますが、パソコン1台で始めることができ、金銭的なリスクをほとんど負うことなく、ビジネスを始めることができます。

「既にある不労所得を買う」方法は、投資や不動産が代表的です。

投資の代表格として、株式投資がありますが、買った株式が値上がりすれば、値上がり益を得ることできますし、長期投資では配当を得ることもできます。

他にも先物や為替(FX)など、トレード対象はたくさんあります。

不動産では、一度取得してしまえば、継続的に家賃収入を得ることができます。

しかしながら、最初は不労所得を買う資金がないでしょうから、「不労所得を得るための仕組み作り」と「不労所得を買うための貯蓄」を同時に進めていくことが、大切です。

これが、二つ目の「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」になります。

3.収入の流れを複数にする

大多数の人は、「会社からの給料」という、一本の収入のルートしか持っていません。

そのため、リストラや倒産に怯えながら、日々生活していくことになってしまうのです。

国や会社が信用できない、これからの時代、複数の収入ルートを確保することは非常に重要です。

そして、新たな収入ルートを作るのであれば、「労働所得」ではなく、「不労所得」を作るようにしましょう。

私tomiの場合、現在、それぞれの絶対額は大きくありませんが、会社員の給料の他に、「株式トレード」、「先物トレード」、「FXトレード」、「ブログアフィリエイト」、「メルマガアフィリエイト」といった5つの不労所得を構築しています。

これが、三つ目の「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」になります。

4.自分の興味のある事、やっていて楽しい事をする

「不労所得」を作ろうと思って、最初の一歩を踏み出したとしても、自分の興味のないことや、やっていて楽しくないことであれば、長続きしませんし、辛いだけです。

「何か違うな」と感じるのであれば、自己分析が十分にできていない証拠です。

やっていて、辛くなってきたら、自己分析をもう一度やり直し、修正して、人生の方向性、やりたいことを今一度明確にしましょう。

あなたに合った、別の「不労所得」が見つかるかもしれません。

これが、最後四つ目の「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」になります。

本日は「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる4つの秘密」についてお話ししました。

「投資の初心者であっても「幸せなお金持ち」になれる秘密」

1.不労所得を理解する

2.不労所得の作り方を知る

3.収入の流れを複数にする

4.自分の興味のある事、やっていて楽しい事をする

の4つであるということを覚えておいて下さいね。

→ コンテンツ一覧へ