FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント

本日は、売買ルールを作るために必要な統計学の知識として、「大数の法則」についてお話しします。

あなたは「大数の法則」を知っていますか?

理数系だった方は、学生時代に「確率・統計」の授業で習ったことを覚えているかもしれません。

ウィキペディアなどで調べると、難しい解説が書かれていますが、要は、試行回数が増えれば増えるほど確率は収束するということです。

例えば、コインを10回投げたとします。

表が出る確率、裏が出る確率は共に50%ですが、10回程度の試行だと、偏りが生じます。

表8回、裏2回といった具合ですね。

しかしながら、コインを1万回投げ続けると、表が出る回数、裏が出る回数はかなり1/2に近づきます。

少なくとも、表8000回、裏2000回といった偏った結果になる確率は極めて低いです。

今回の話が、FXとどのようにつながるのかわかりますか?

「FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント」は以下の2つです

1.売買チャンスを増やすことが大事

2.「大数の法則」を知っていると、メンタル的にも好影響がある

それでは、それぞれについて解説していきます。

1.売買チャンスを増やすことが大事

勝ち組FXトレーダーは「大数の法則」知っているために、売買チャンスを増やすことに意識を払います。

まず、前提条件として、勝ち組FXトレーダーは、例外なく自分の性格に合った期待値がプラスの売買ルールを持っています。

しかしながら、トータルで見た期待値がプラスであったとしても、連敗することはあります。

要は、期待値がプラスの売買ルールで運用していても、最初に連敗すると、トレード回数が少ない内はマイナスリターンになる場合もあるということです。

例えば、年に数回しか、売買チャンスがない売買ルールであれば、「大数の法則」が作用するほどの売買回数に達するまでに、多大な年月を要します。

しかしながら、一日に何度も売買チャンスがある売買ルールであれば、一年も運用すれば、相当数のトレード回数に達するため、ある程度「大数の法則」が作用し、期待値に近いトレード結果が得られるようになります。

勝ち組FXトレーダーは、安定したリターンを求めるため、なるべく早くバックテスト通りの運用結果が得たいわけです。

ですので、勝ち組FXトレーダーは、少しでも早く「大数の法則」を作用させ、バックテスト通りの結果を得るために、売買チャンスを増やすことを意識するわけですね。。

これが、一つ目の「FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント」になります。

2.「大数の法則」を知っていると、メンタル的にも好影響がある

初心者は目先のトレードの勝敗に一喜一憂しますが、勝ち組FXトレーダーは、目先のトレードで連敗したとしても、そのうち「大数の法則」が働くことを知っていますので、さほど気にしません(もちろん連敗しない方が好ましいですが)。

期待値がプラスの売買ルールであれば、多少連敗したとしても、運用を続けてさえいれば

「そのうち確率が収束する」

ということを、身を持って知っているわけです。

ですので、多少連敗が続いたとしても落ち込むことなく、メンタル的にも平常心を保てるということです。

これが、二つ目の「FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント」になります。

本日は「FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント」についてお話ししました。

「FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント」

1.売買チャンスを増やすことが大事

2.「大数の法則」を知っていると、メンタル的にも好影響がある

の2つであるということを覚えておいて下さいね。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ