FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツとは?

本日は、「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」についてお話しします。

「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」は以下の2つです。

1.シンプルな売買ルールにすること

2.十分なフォワードテストに耐えていること

それでは、それぞれについて詳しく見ていきます。

1.シンプルな売買ルールにすること

トレードの世界には、様々なテクニカル指標があるため、様々な指標をこねくり回して売買ルールを作っている方も多いようです。

しかしながら、それは逆効果です。

その理由は、「カーブフィッティング」の罠にかかってしまう可能性が高まるからです。

カーブフィッティングとは、売買ルールを過去の相場に合うように過剰に最適化することを言います。

カーブフィッティングの罠にかかってしまった売買ルールは、過去の相場では好成績を上げていても、実際に運用を開始するとすぐに通用しなくなります。

この罠をさけるための有効な方法な1つが、「シンプルな売買ルールにする」ということです。

永続的に有効な売買ルールとは、市場構造的に存在する市場の歪みにベットするわけです。

ですから、本物の勝ち組FXトレーダーが持つ売買ルールは「節目を超えたら買って、節目を割り込んだら売る」みたいなシンプルな売買ルールのことが多いです。

これは、「外国為替の市場構造的に一度発生したトレンドは継続しやすい」という市場の歪みにベットしているわけですね。

これが、一つ目の「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」になります。

2.十分なフォワードテストに耐えていること

あなたが、過去のデータを用いて何度もバックテストを繰り返し、「やっと納得いく売買ルールができた!」としても、運用を開始するのは少し待って下さい。

資金を投入して運用を開始する前に、フォワードテストとして数十回程度はデモトレードをしてみて下さい。

フォワードテストを行うことで、あなたが作った売買ルールが未来にも有効であるのか、問題点はないのかといったことが明らかになるはずです。

また、デモトレードで損を出してしまったときの、感情の変化も見逃せないポイントです。

デモトレードで発生した損失を現実的に受けた場合、あなたが冷静さを保っていられるのかどうかということです。

もし、デモトレードで発生した損失を現実的に受けた場合に、自分の感情が落ち込んでしまうようであれば、その売買ルールはリスクを取りすぎです。

その場合は、売買するロットを落とすなどの対策が考えられますね。

実運用を開始するのは、これらを考慮したフォワードテストを行ってからでも遅くありません。

これが、二つ目の「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」になります。

本日は「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」についてお話ししました。

「FXのシステムトレードにおける売買ルールの作り方のコツ」

1.シンプルな売買ルールにすること

2.十分なフォワードテストに耐えていること

の2つであるということを覚えておいて下さいね。

もし、あなたが、FXトレードで、満足いく売買ルールを持っていないのであれば、、、

こちらのプロジェクトへの参加を真剣に検討してみて下さい。

→ FX Systemtrade Master プロジェクトへのご案内

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ