こんばんは、tomiです。

本日は、デイトレードやスイングトレードでの利益目標の意味、立て方についてお話ししたいと思います。

よくデイトレーダーやスイングトレーダーが利益目標は○○%ですと言った話をよく聞きます。

有名トレーダーが

「○万円を△年で×倍にした」

といった話をよくするのも、その要因かもしれません。

では、サラリーマントレーダーや初心者トレーダーは利益目標を立てる意味はあるのでしょうか?

もし、利益目標を立てる意味があるのであれば、どのように立てれば良いのでしょうか?

その答えの一つとして、勝ち組トレーダーである私が毎年意識している目標についてお話しします。

私が毎年意識している目標は
以下の通りです。

・生き残る事

・致命傷を負わない事

・年単位でマイナスにならない事

・最大ドローダウン15%以下

「あれ、利益目標が入っていないじゃん」

あなたはそう思われたかもしれません。

そうです、利益目標がないんです。

利益目標がない代わりに、損失に対する目標ばかりが並んでいます。

これは、利益をコントロールするよりも、損失をコントロールする方がはるかに大切だと私自身考えているからです。

イメージしてみて下さい。

あなたはローリスクローリターンの売買ルールで運用していたとします。

その場合、生じるデメリットとしては、大きなリスクを取らなかったばかりに、大きな利益を取り逃す可能性があるということです。

少々後悔を感じることはあるかもしれませんが、日々の生活には影響ないはずです。

逆に、あなたがハイリスクハイリターンの売買ルールで運用していたとします。

その場合、生じるデメリットとしては、上手くいかなかった局面で、致命傷を負う可能性があるということです。

その場合、トレードを続けられなくなったり、借金により日々の生活にも影響が出てくるかもしれません。

生き残ってさえいれば、必ずチャンスはある

上記でお話しした理由から、私は生き残ること、致命傷を負わないことを最優先に考えています。

「生き残ってさえいれば必ずチャンスはある」

このことを、サラリーマントレーダーや初心者トレーダーの方は肝に命じておいて下さい。

実際、相場に参加し続けてさえいれば、誰でも儲かるような相場に出くわすこともありますから。

では、残りの目標を見ていきましょう。

3つ目の目標は

・年単位でマイナスにならない事

となっています。

私は現在、会社員との兼業トレーダーですので、本業に影響が出ないトレード手法ということで、スイングトレードがメインになっています。

モニタに張り付かなくては行えないようなトレードは行っていないわけです。

そのため、スキャルパーやデイトレーダーほどトレード回数が取れないため、月単位ではマイナスになることもあります。

しかしながら、年単位で見ると、相当数のトレード回数が確保できるため、

「大数の法則」

が働き、年単位ではプラスになるはずだと考えているわけです。

→FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント

実際、結果として、2009年以降マイナスになった年はありません。

サラリーマントレーダーや初心者トレーダーは、最大ドローダウン目標を立てよう

最後の目標として、

・最大ドローダウン15%以下

というのをあげています。

人によって感じ方は違いますが、私的には、最大ドローダウン15%でもリスク取りすぎだと考えています。

売買ルール自体は、最大ドローダウン10%以内で作成していますが、実運用の際は最大ドローダウン15%まで許容するといったイメージです。

最大ドローダウン15%が、運用停止するポイントになるわけですね。

これは、私の場合、本業による定収入があるため、許容できる最大ドローダウンになります。

専業トレーダーであれば、最大ドローダウン5%以内で売買ルールを作成し、最大ドローダウン8%突破で運用停止といった形になるかと思います。

→ コンテンツ一覧へ