FXはテクニカルのみでは勝てない、意味ない?無駄、無意味なのか?

本日は、FXにおけるテクニカル分析についての話をします。

少し過激なタイトルをつけてみましたが、あなたは、FXはテクニカルのみで勝てると思われますか?

少し考えてみて下さい。

答えは出ましたか?

それでは、答えを発表するとします。

その答えは、、、

「FXはテクニカルのみでも勝てます」

「しかしながら、万能ではない」

というのが私の答えになります。

トレードで勝つための戦略は、一般的には順張りか逆張りしかないわけです。

ですので、順張りであれば、トレンドが継続する確率が高いテクニカル指標を

逆張りであれば、反発する可能性が高いテクニカル指標を

自分がトレードする時間軸に合わせてバックテストすれば、必ず見つかります。

これが、

「FXはテクニカルのみでも勝てます」

といった理由です。

では、

「しかしながら、万能ではない」

とはどういう意味でしょうか。

為替は、テクニカル以外に、重要指標やファンダメンタルズ要因など様々な影響を受けるわけです。

ですので、過去データでは、トレンド継続するポイントであったり、下げ止まることが多いポイントであっても、あっさりブレイクしてしまうことが多々あるわけですね。

これが、

「しかしながら、万能ではない」

といった理由です。

では、実際にトレードをする際に、テクニカル以外の要素をどう扱えば良いのでしょうか?

これに対する私の答えは、

「人による」

ということです。

テクニカル以外の要素を売買ルールに組み込むことで、成績が良くなる可能性はもちろんあります。

しかしながら、この場合、バックテストが容易には行えないため、売買ルールを作るのが大変だというデメリットがあります。

実際の売買も、機械的にできない場合もあるでしょう。

これに対して、テクニカル以外の要素を諦めれば、売買ルール構築は遥かに簡単に行え、売買も機械的に行えますが、無駄なトレードが増えるといったデメリットがあります。

これは、テクニカル的には買いだが、外部要因によって、買いを見送るといったことができないためですね。

私は、できるだけ手間をかけずにトレードしていきたいため、テクニカルのみで売買していますが、あなたも必ずしもそうである必要はありません。

もし、あなたが

「トレード成績を上げるためには少々の苦労は厭わない」

という性格であれば、是非テクニカル以外の要素を売買ルールに組み込むことを検討してみて下さい。

多くの困難があるでしょうが、それに見合うリターンがあるかもしれません。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ