本日は、スイングトレード及びデイトレードで勝てるようになったトレード上級者にオススメしているスキャルピングについての話をします。

スキャルピングは、数分程度で売買を完結させる手法で、一日に何度も取引を繰り返すことが特徴です。

スプレッドの影響が非常に大きいため、トレード初心者にはオススメしませんが、スイングトレード及びデイトレードで勝てるようになった上級トレーダーにとっては、チャレンジする価値のあるトレード手法です。

私が考える「スキャルピングのメリット」は、以下の3つです。

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

2.資金効率を極限まで上げることができる

3.大きな含み損を抱えなくて済む

それぞれ説明していきます。

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

スイングトレードやデイトレードでは、ポジション保有期間が長いため、トレード回数は少なくなります。

スキャルピングでは、数分程度でエントリーからイグジットまで完了するため、1日の間に数多くのトレードを行うことができます。

トレード頻度が非常に多くなるため、トレードスキルの向上という意味ではスイングトレードやデイトレードよりも優位性があります。

要は、短期間で非常に多くのトレード経験が積めるメリットがあるということです。

これが、1つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

2.資金効率を極限まで上げることができる

1.で述べたとおり、スキャルピングはデイトレードやスイングトレードと比べて、トレード回数が非常に多いわけです。

ですので、1トレード当たりの利益は非常に小さいですが、ポジション保有期間が短いため、資金効率を極限まで高めることができます。

このことにより、複利の効果も極限まで高めることができます。

結果として、トータルリターンを極限まで大きくすることが可能であるということです。

もちろん、損切り(ロスカット)が連続した場合のトータルロスも相当なものになるため、その点については、注意が必要です。

これが、2つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

3.大きな含み損を抱えなくて済む

スキャルピングはポジション保有期間が非常に短いため、利食い、損切りのラインはおのずと非常に小さなものとなります。

ですので、きちんと売買ルール通りにトレードできるのであれば、小さな含み損で損切り(ロスカット)になりますので、大きな含み損を抱えることがありません。

ですので、あなたが、スイングトレードやデイトレードの場合に不可避である大きな含み損を、ストレスに感じるのであれば、スキャルピング手法が向くかもしれません。

その分、難易度はスイングトレードやデイトレードと比べて高いため、相応の覚悟が必要です。

これが、最後3つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

本日は「スキャルピング」についてお話ししました。

「スキャルピングのメリット」

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

2.資金効率を極限まで上げることができる

3.大きな含み損を抱えなくて済む

の3つであるということを覚えておいて下さいね。

→ コンテンツ一覧へ