FXにおけるデイトレードのメリット、タイミング、やり方は?

本日は、スイングトレードで勝てるようになったトレード中級者にオススメしているデイトレードについての話をします。

デイトレードは、1日で売買を完結させる手法で、日をまたいでポジションを持たないことが特徴です。

スプレッドの影響が大きくなるため、トレード初心者にはオススメしませんが、スイングトレードで勝てるようになった中級トレーダーにとっては、有力な選択肢となりうるトレード手法です。

私が考える「デイトレードのメリット」は、以下の3つです。

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

それぞれ説明していきます。

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

スイングトレードでは、数日から数週間ポジションを保有するため、どうしても取引回数は少なくなります。

トレード頻度が少ないため、トレードスキルの向上という意味では時間がかかります。

これに対して、デイトレードにおいては1日以内にエントリーからイグジットを行うため、スイングトレードと比べて取引回数は多くなります。

トレード頻度が多くなるため、トレードスキルの向上という意味ではスイングトレードよりも優位性があります。

要は、短期間で多くのトレード経験が積めるメリットがあるということです。

これが、1つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

1.で述べたとおり、デイトレードはスイングトレードと比べてトレード回数が多いわけです。

ですので、1トレード当たりの利益はスイングトレードと比べて小さいですが、トレード回数が多いことにより、複利の効果がより大きくなります。

結果として、トータルリターンは、スイングトレードよりも大きくなることが多いということです。

これが、2つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

デイトレードは、スイングトレードと比べてポジション保有期間が短いため、損切りラインも小さくなります。

損切りの際の損失額がスイングトレードと比べると小さいため、損切りの際の心理的抵抗が小さくなります。

日をまたいでポジションを持たないことから、寝ている間に、突発的なニュースが出て慌てることもありません。

これが、最後3つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

本日は「デイトレード」についてお話ししました。

「デイトレードのメリット」

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

の3つであるということを覚えておいて下さいね。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ