FXの勝ち組の特徴。エントリーたった3つのコツ・考え方とは?

本日は、「FX勝ち組トレーダーが行うエントリー、たった3つのコツ・考え方」についてお話しします。

「FX勝ち組トレーダーが行うエントリーのコツ・考え方」は以下の3つです。

1.優位性のあるエントリーを作る

2.勝率重視かペイオフレシオ重視か決める

3.利益の源泉が何なのか考える

それぞれ解説していきます。

1.優位性のあるエントリーを作る

優位性のあるエントリーを作るために、最初はトレード本や情報商材の真似から始めてみてください。

といいますのも、エントリーに関しては、資金管理やメンタルコントロールなどトレードに必要な他の要素と比べてアクセスできる情報が多いからです。

ですので、真似事のエントリールールであっても、それなりに優位性のあるルールが入手しやすいです(もちろん、バックテストによる優位性の裏付けは必要ですが)。

そして、ある程度優位性のあるエントリールールを入手することができたら、そのルールのパラメータや時間軸を調整することで、

「自分自身の性格に合った優位性のあるエントリー」

にカスタマイズしていきます。

これが、1つ目の「FX勝ち組トレーダーが行うエントリーのコツ・考え方」です。

2.勝率重視かペイオフレシオ重視か決める

優位性のあるエントリーには、勝率の高いエントリーとペイオフレシオの高いエントリーがあります。

ちなみに、ペイオフレシオとは、勝ちトレードの平均利益額が、負けトレードの平均の何倍かを表す指標です。

ペイオフレシオ = 勝ちトレード平均利益額 ÷ 負けトレード平均損失額

例えば、トレードを100回行い、平均利益額が4万円で、平均損失額が2万円の場合、ペイオフレシオは4万円÷2万円=2ということになります。

当然、利益額が損失額より大きければ大きいほど良いため、同じ勝率であれば、ペイオフレシオが大きい方が、優れた売買ルールということになります。

逆張りの場合は勝率重視、順張りの場合はペイオフレシオ重視で考えるのが一般的です。

最初はどちらかにフォーカスして、数値を上げていくことに力を注いで下さい。

逆張りの場合であれば、勝率60%、順張りの場合であれば、ペイオフレシオ1.5という所が、まず、目指すべきラインでしょうか。

トータルの利益は、勝率 × ペイオフレシオで決まります。

逆張りの場合は、勝率の高さでペイオフレシオの低さを補い、順張りの場合は、ペイオフレシオの高さで勝率の低さを補います。

勝率もペイオフレシオも高い売買ルールが理想的ですが、そのような売買ルールを最初から作るのは難易度が高いので、一歩一歩進めていきましょう。

これが、2つ目の「FX勝ち組トレーダーが行うエントリーのコツ・考え方」です。

3.利益の源泉が何なのか考える

強気、恐怖など人間の感じる心理が利益の源泉になります。

暴落時の突っ込み買い(逆張り)ならば、人間の恐怖心が利益の源泉になりますし、高値更新時に買うのであれば、人間の強気心理が利益の源泉となります。

自分の作ったエントリーポイントが、心理的節目になっているか意識してみて下さい。

これが、最後3つ目の「FX勝ち組トレーダーが行うエントリーのコツ・考え方」です。

今日は「FX勝ち組トレーダーが行うエントリー、たった3つのコツ・考え方」についてお話ししました。

「FX勝ち組トレーダーが行うエントリーのコツ・考え方」

1.優位性のあるエントリーを作る

2.勝率重視かペイオフレシオ重視か決める

3.利益の源泉が何なのか考える

の3つであるということを忘れないで下さいね。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ