本日は、「FXの初心者向けの証券会社」についてお話します。

FXを始めるには、証券口座の開設が必要です。

とはいえ、国内だけでも多数のFX業者がありますので、どの証券口座を開いたら良いのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、私tomiが考える最重要ポイントについてお話しします。

結論から言いますと、最重要ポイントは、、、

「取引手数料が安い(スプレッドが狭い)」

ということです。

FX業者は、利用者が取引を行う度に発生する手数料を得ることで、利益を得ています。

この手数料は、FX 業者によって異なりますが、利用者側からすれば、安いにこしたことありません。

特に、初心者の内は、これらの「必要コストの壁」を超えることができないケースが多く見られます。

そのため、最重要ポイントは、とにかく、

「取引手数料が安い(スプレッドが狭い)」

FX業者を選ぶことに尽きます。

では、スプレッドの差で、実際どの程度差が出るのか計算してみましょう。

ドル円の場合、国内で一番スプレッドが狭いFX業者と一番スプレッドが高いFX業者のスプレッドの最大格差は3.0銭程度あります。

仮に、ドル円を1日1回1万通貨取引した場合、年間でどれくらい差がでるでしょうか。

3.0銭×1万通貨×240日(年間の取引日数) = 72,000円

FX業者によってこんなにも差が出ます。

ここで、例に上げた1日1回1万通貨というのは、初心者の方が行うレベルの取引量だとお考え下さい。

実際、取引に慣れてくると、取引する通貨量はもっと大きくなります。

私の場合、1日に数十万通貨の取引を行うことは珍しいことではありません。

そうなると、年間では数十万円単位で利益の幅が変わってくるわけです。

「取引手数料が安い(スプレッドが狭い)」

ことの重要性は理解頂けましたでしょうか?

あなたの利益に直結するお話ですので、絶対に忘れないで下さいね。

本日は「FXの初心者向けの証券会社」についてお話ししました。

「FXの初心者向けの証券会社」の選び方は

・「取引手数料の安さ(スプレッドの狭さ)」

が唯一の最重要ポイントであるということを覚えておいて下さいね。

では、「取引手数料の安さ(スプレッドの狭さ)」に注目した場合に、使うべきFX口座はどのFX口座なのでしょうか?

→ その答えはこちらです。

もしあなたが、まだ、「FXで稼げていない」のであれば、まずは、本FX口座を開設してみて下さい。