FXとパチンコの違いを比較すると、勝つための方法はどっちも同じ?

本日は、パチンコとFXの共通点についてお話しします。

前回、FXを除いて、唯一勝ち目のあるギャンブルとして、

「パチンコ」

について紹介しました。

その理由は、期待値の高さと、パチンコ台に対する技術介入に留まらず、店選び、台選びといったところでも、技術介入が可能であるということでした。

実際、私も学生時代にパチプロもどきのことをやっていた経験から、今回のお話しができるわけです。

さて、いきなりですが、あなたは、パチプロがどうやって稼いでいるか知っていますか?

恐らく、ご存知ないと思います。

何か不正な機械を使って、違法に玉を吐き出させるようなことをイメージしているかもしれません。

そういう違法なことをやっている人もいるかもしれませんが、一般のパチプロは、そのようなリスクの高いことはやりません。

一般のパチプロは、

「良い台を、長時間打つ」

ということに神経を集中させます。

ここで言う「良い台」とは、

「同じ費用で、より多く大当たり抽選が受けられる台」

です。

どういうことかと言いますと、パチンコというのは、大当たり確率が定められています。

例えば、1/300の確率で大当たりし、大当たりしたら¥10,000が得られるパチンコ台があるとします。

その場合、¥10,000で300回以上、大当たり抽選を受けられる台を打てば、長時間打てば打つほど利益が出ます。

したがって、パチプロは、より多くの大当たり抽選を受けられる台を見つけるために、店選び、台選び、釘読みなどの技術介入を行うわけです。

もちろん、そのような良い台であっても、1日単位であれば、確率負けすることはあります。

しかし、そのような良い台を連日長時間打てば、確率が収束し、利益になるということです。

パチプロは、このように「大当たり確率」に身を委ね、確率の収束により利益を得ているわけです。

ここでお話しした、「良い台」を「良い売買ルール」に、「長時間」を「多くのトレード回数」と置き換えれば、FXにおいても、パチンコと同様に考えることができます。

つまり、勝ち組FXトレーダーは、「良い売買ルール」「多くのトレード回数」を確保することで、利益を得ているわけです。

ここで言う「良い売買ルール」とは、

「自分の性格にピッタリ合った、期待値がプラスの売買ルール」

のことです。

FXの場合は、機械ではないため、勝つ確率が定義されているわけではありませんが、過去のデータを解析すれば、統計的に期待値を計算することができます。

もちろん、1回1回のトレードで見れば、勝つことも負けることもあります。

しかしながら、期待値がプラスの売買ルールであれば、トレード回数を増やしていくことで、長期的にみれば、利益が出せるということです。

勝ち組FXトレーダーは、このように「統計的優位性」に身を委ねることで利益を得ているわけです。

パチンコとFXには、このような共通点があります。

ここでは除外しましたが、株式や先物の場合もFXと同様です。

今回言いたかったことは、あなたが、今普通のサラリーマンであったとしても、パチンコやFXで利益を出すことは、

「十分可能」

だということです。

ですので、あなたが、今、負け組FXトレーダーであったとしても、決して諦めないで下さいね。

これといった取り柄のない私であっても、

「勝ち組FXトレーダー」

になれたわけですから、あなたが

「勝ち組FXトレーダー」

になれない理由はありません。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ