FXトレードの初心者必読!グランビルの法則(ローソク足と移動平均線)とは?

本日は、「FXトレードの初心者必読!グランビルの法則(ローソク足と移動平均線)」についてお話しします。

ここまでで学んだローソク足移動平均線を用いた最強のチャート分析方法グランビルの法則です。

はっきり言ってグランビルの法則をしっかりと理解していれば、それだけで利益を出せる、それくらい強力です。

そのため、ここでしっかりとグランビルの法則をマスターしておいて下さいね。

それでは、グランビルの法則の解説に入っていきます。

グランビルの法則では、「移動平均線でのトレードを行う際、8つの売買ポイントがある」と主張しています。

この8つの売買ポイントは4つの買いポイントと4つの売りポイントから構成されます。

これらの売買ポイントは、全てローソク足の動きと、移動平均線の動きのみから判断します。

実際にグランビルの法則を理解した上で、様々なチャートを見ると、いかにグランビルの法則がトレーダー達に意識されているのかということがわかると思います。

ですので、是非この機会にグランビルの法則を体得して頂けたらと思います。

それでは買いの4つの法則から説明していきます。

1.買いの法則その1

移動平均線(黒線)が下落後、横ばいになるか上昇しつつある局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上へとクロスした場合、ゴールデンクロスと呼ばれ、買いのサインとみなします。

buy1

2.買いの法則その2

移動平均線(黒線)が上昇している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下にクロスするが、そのまま下げていかずに再度ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上へとクロスした場合、押し目買いに適したタイミングとして、買いのサインとみなします。

buy2

3.買いの法則その3

ローソク足(青線)が上昇している移動平均線(黒線)の上にあって、移動平均線に向けて下落するもクロスせずに再び上昇した場合、買いの法則その2と同じく押し目買いに適したタイミングとして、買いのサインとみなします。

buy3

4.買いの法則その4

移動平均線(黒線)が下落している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)から大きく乖離して下落した場合、逆張りに適したタイミングとして買いのサインとみなします。

buy4

以上が、グランビルの法則における4つの買いポイントになります。

次に売りの4つの法則を説明していきます。

5.売りの法則その1

移動平均線(黒線)が上昇後、横ばいになるか下落しつつある局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下へとクロスした場合、デッドクロスと呼ばれ、売りのサインとみなします。

sell1

6.売りの法則その2

移動平均線(黒線)が下落している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を下から上にクロスするが、そのまま上げていかずに再度ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)を上から下へとクロスした場合、戻り売りに適したタイミングとして、売りのサインとみなします。

sell2

7.売りの法則その3

ローソク足(青線)が下落している移動平均線(黒線)の下にあって、移動平均線に向けて上昇するもクロスせずに再び下落した場合、売りの法則その2と同じく戻り売りに適したタイミングとして、売りのサインとみなします。

sell3

8.売りの法則その4

移動平均線(黒線)が上昇している局面で、ローソク足(青線)が移動平均線(黒線)から大きく乖離して上昇した場合、逆張りに適したタイミングとして売りのサインとみなします。

sell4

以上が、グランビルの法則における4つの売りポイントになります。

4つの買いポイントと合わせて、グランビルの法則における8つの売買ポイントを絶対に忘れないようにして下さいね。

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ