FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識とは?

本日は、「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」についてお話しします。

「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」は以下の5つです。

1.「売り」からのトレードも可能

2.取るべきポジションサイズを考える

3.損切り(ロスカット)は迷わず行う

4.スプレッドは最重要

5.マージンコールにならない資金管理を行う

それぞれ説明していきます。

1.「売り」からのトレードも可能

FX取引においては、「買い(ロング)」と、「売り(ショート)」の2通りの取引が行えます。

日本円で米ドルを買う場合は「買い」、逆に米ドルを売って日本円を買う場合は「売り」となります。

通常、利益を出す場合は、「安く買って、高く売る」のですが、逆に、「高く売って、安く買う」ことでも利益を出すことが出来るのです。

この、「高く売って、安く買う」というのは、「借りてきた米ドルで日本円を買い、後で米ドルを買い戻す」ということなのです。

例えば、「1ドル = 100円」の時に1万ドル売り、その後「1ドル = 90円」になった時に1万ドルを買い戻したとしたら、下記の通り、10万円があなたの利益となります。

100万円 – 90万円 = 10万円

まだ、きちんと理解できていないかもしれませんが、実際に取引を開始すると理解できますので、今は、こういう取引ができるということだけ理解しておいて下さい。

これが、一つ目の「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」になります。

2.取るべきポジションサイズを考える

一般的な証券会社においては、1万通貨が基本的な取引数量になります。

「1ドル = 100円」の場合、日本円で100万円に相当することを忘れないで下さい。

100円 × 1万通貨 = 100万円

上記の場合、25倍のレバレッジを最大限に使用すると、4万円の証拠金があれば、1万ドルの取引が行えます。

100万円 ÷ 25倍 = 4万円

また、最近では1万通貨の1/10である、1000通貨から取引できる証券会社もあります。

この場合、利益・損失・必要証拠金も1万通貨の1/10になりますので覚えておいて下さいね。

これが、二つ目の「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」になります。

3.損切り(ロスカット)は迷わず行う

損切り(ロスカット)とは、損失を確定させることを言います。

損切りを行わなければ、含み損が増加して、最悪の場合、強制ロスカットになり、口座の大半の資金を失うことにつながります。

そうならないために、損切りを行う必要があります。

勝ち組FXトレーダーになるために、一番大切なことは、致命傷を負わないことです。

逆に言えば、カスリ傷程度なら、負っても大丈夫だということです。

損切りは必要経費です。避けることはできません。

予め、損切りルールを決めておき、そのレートに到達した場合は、迷わずに損切りするようにしましょう。

これが、三つ目の「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」になります。

4.スプレッドは最重要

FXでのスプレッドとは、売値と買値の価格差の事です。

ニュース等で表示される「1 ドル = 100 円10~20 銭」とは売値が100円10 銭で、買値が100 円20 銭ということを意味します。

FX では売値を「Bid」、買値を「Ask」と呼び、その差がスプレッドになります。

何故、スプレッドが存在するのかと言いますと、証券会社がスプレッドの中から利益を得ているためです。

ほとんどの証券会社では、FX の取引手数料は無料ですが、実質はこのスプレッドから利益を得ています。

昨今では、顧客獲得のため、各証券会社もスプレッドを小さくする努力をしています。

そのため、現在では非常に小さなスプレッドの証券会社も少なくありません。

その中で、オススメの証券会社が、FXブロードネット証券です。1,000通貨取引も可能となっており、FX初心者に特にオススメです。

まだ、FX口座を持っていない方は、tomiとっておきのプレゼントがもらえる今の内に、下記から口座開設されることをオススメします。

→ FXオススメ口座はこちら

これが、四つ目の「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」になります。

5.マージンコールにならない資金管理を行う

マージンコールとは、証拠金の金額が、現在の含み損を差し引くと、大きくマイナスになりうる状況の場合に、証拠金の追加預け入れを求める警告のことを言います。

基準は証券会社によって異なりますが、一般的な証券会社では証拠金の50%が基準となっている場合が多いです。

例えば、証拠金10万円で、10倍のレバレッジをかけて、「1ドル = 100円」で1万ドルを買ったとします。

その後「1ドル = 95円」に下がったとすると、5万円の含み損が発生します。

(95円 – 100円) × 1万通貨 = -5万円 (含み損)

この場合、証拠金残高は5万円のため、証拠金維持率は50%となり、マージンコールが発生します。

(証拠金)10万円 – (含み損)5万円 = (証拠金残高)5万円

(証拠金残高)5万円 ÷ (必要証拠金)10万円 = (証拠金維持率)50%

マージンコールがかかったら、決められた日時までに、追加証拠金を預け入れて、証拠金維持率を規定された水準まで戻さなければなりません。

又は、ポジションを一部決済することで、証拠金維持率を高めることも可能です。

いずれの対処を行う場合においても、期限までに証拠金維持率を引き上げないと、強制ロスカット(証券会社による強制決済)されてしまうので、速やかに対処する必要があります。

但し、正しいFXの知識を身につけて運用している場合は、マージンコールにならないようなポジションの持ち方をしているはずですので、このようなことは起こらないはずです。

もし、マージンコールが発生した場合は、資金に対するポジションが過大ですので、運用方法を見直さなければなりません。

レバレッジは、上手く使えば大きな利益を得ることができますが、最初の内は2~3倍程度のレバレッジに抑えて、運用するようにしましょう。

これが、最後五つ目の「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」になります。

今日は「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」についてお話ししました。

「FXトレードの初心者が特に知る必要があるFX取引の基礎知識」

1.「売り」からのトレードも可能

2.取るべきポジションサイズを考える

3.損切り(ロスカット)は迷わず行う

4.スプレッドは最重要

5.マージンコールにならない資金管理を行う

の5つであるということを忘れないで下さいね。

なお、FX口座を持っていない方は、下記より口座開設を行って下さいね。

→ FXオススメ口座はこちら

特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FXトレード初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
氏名*  姓:名:
メールアドレス* 
確認用メールアドレス* 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ