本日は、「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識の3つのポイント」についてお話しします。

すでにFXをやられている方にとっては、ご存じの内容が多いと思いますが、本ブログ、メルマガでは、FXをやったことのない方を「勝ち組FXトレーダーにする」ことをコンセプトとしていますので、今しばらくお付き合い下さい。

それでは、本題に入ります。

FXをはじめる上で、最低限押さえておかねばならない基礎知識はありますが、それほど多くはありません。

基礎中の基礎という括りで考えると、まず押さえておくべき「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識のポイント」は以下の3つです。

1.そもそもFXって何?

2.証拠金って何?

3.レバレッジって何?

それぞれ解説していきます。

1.そもそもFXって何?

FXとは、Foreigon Exchangeの略で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれます。

そもそも「為替」とは、外国のお金と日本のお金を交換するという意味です。

「本日の為替相場では、1ドル100円で取引されています」

といったフレーズをニュースなどで見聞きしたことはありませんか?

これは、100円で1ドル買うことができるということです。

その後円高(ドル安)が進むと

「1ドル99円」

になり、円安(ドル高)が進むと

「1ドル101円」

といった具合になるわけです。

100円が99円に減って「円高」、100円が101円に増えて「円安」と呼ぶことに違和感があるかもしれません。

「円高」、「円安」というのは、「円」の価値が上がったか下がったかということを意味し、
「ドル高」、「ドル安」というのは、「ドル」の価値が上がったか下がったかということを意味します。

ですので、1ドル買うのに100円必要であったのが、99円で買えるということは、ドルから見ると円の価値が上がっている(円から見るとドルの価値が下がっている)ということになりますので、「円高(ドル安)」となります。

逆に、1ドル買うのに100円必要であったのが、101円必要になるということは、ドルから見ると円の価値が下がっている(円から見るとドルの価値が上がっている)ということになりますので、「円安(ドル高)」となります。

ニュースなどで、よく用いられる「円高(ドル安)」「円安(ドル高)」の意味をしっかり押さえておいてくださいね。

これが、一つ目の「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識のポイント」になります。

2.証拠金って何?

次に、「外国為替証拠金取引」「証拠金」の部分に着目します。

FXとは、「証拠金」を預け入れることで、取引が行えるようになります。

そして、ここがポイントなのですが、レバレッジを使うことで、預け入れた「証拠金」以上の取引が行えます。

レバレッジは次項で説明しますので、ここでは、自分が預け入れた金額以上の取引が行えるということを押さえておいて下さい。

自分が預け入れた金額以上の取引が行えるため、儲かるときも損するときも資金の増減に加速度がつくということです。

これが、二つ目の「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識のポイント」になります。

3.レバレッジって何?

国内の一般的なFX口座なら25倍までのレバレッジを掛けることができます。

どういうことかと申しますと、FX口座に証拠金を10万円入れておけば250万円までの取引を行うことができます。

レバレッジをかけない場合、1ドル100円であれば、1000通貨ドルを買うことができます

10万円÷100円 = 1000通貨

その後、目論見通り円安が進み、1ドル101円になったとすると

1円×1000通貨 = 1000円

の利益が出ます。

レバレッジ25倍かけると、1ドル100円であれば、25000通貨ドルを買うことができます。

10万円×25倍÷100円 = 25000通貨

その後、目論見通り円安が進み、1ドル101円になったとすると

1円×25000通貨 = 25000円

の利益が出ます。

このように、自分の保有資産以上の金額の取引が行えるため、資金増加に加速度をつけることができます。

当然のことながら、資金が減る際も加速度がついてしまいますので、レバレッジを使う際は、しっかりとした資金管理を行わなければなりません。

これが、最後三つ目の「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識のポイント」になります。

今日は「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識の3つのポイント」についてお話ししました。

「FXトレードの初心者にとって、特に必要な基礎知識のポイント」

1.FXとは、外国のお金と日本のお金を交換することであること

2.FXとは、「証拠金」を預け入れることで、「証拠金」以上の取引が行えること

3.レバレッジを使うことで、資金の増減に加速度がつくこと

の3つであるということを忘れないで下さいね。

→ コンテンツ一覧へ