「2017年1月」の記事一覧

FXにおける検証作業のやり方、仕方は?チャートからの仮説を証明!

本日は、FXにおける検証作業についての話をします。

FXに限らず、株式や先物においてもトレードで勝つために最重要なのが

「検証作業」

です。

勝ち組トレーダーである私の場合においても、常に新しいトレードアイデアを考えているため、年中検証作業を行っているといっても過言ではありません。

しかしながら、あなたはその重要性に気が付いていますでしょうか?

「検証作業のやり方がわからない!」

負け組トレーダーの中には、そういう方も多いかと思います。

では検証作業はどのように行えばよいのでしょうか?

FXにおける検証作業のやり方は?

「検証作業」

と一言で言っても、やり方は一つではなく非常に奥深いものとなります。

現実的な手段としては、以下の2つとなります。

1.エクセルを用いる

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

それぞれ説明していきます。

1.エクセルを用いる

それなりにトレードの時間軸が長いスイングトレーダー、ポジショントレーダーにオススメの方法です。

あなたが会社員であれば。日々の仕事でエクセルを使う機会があるでしょうから、一般の人にとって、とっつきやすいことが一番のメリットです。

また、一度やり方をマスターすれば、他の投資対象(先物など)でも使えることもメリットになります。

デメリットとしては、検証作業専用のツールではないため、1回1回の検証作業に時間がかかることと、デイトレードやスキャルピングなどの時間軸が短い場合はデータ量が多すぎて検証できないことです。

ちなみに、エクセルを用いた検証作業を学びたい場合は、下記が詳しいですので、是非参加を検討頂ければと思います。

→ FX Systemtrade Master に参加する

これが一つ目の

「FXにおける検証作業のやり方」

になります。

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

MT4等のチャートソフトには、過去の膨大なFX相場の過去データが詰まっています。(MT4の過去チャートデータが無い場合は、FXDD等のサイトからダウンロードできます)

検証ソフト(MT4等)を用いるメリットとしては、検証専用に作られているため

「自由度が高い」

ということです。

要は、あなたが、考えているアイデアの検証が行える可能性が高いということです。

デイトレードやスキャルピングの検証作業を行いたい場合、エクセルでは不可能であっても、専用ソフトであれば可能です。

デメリットとしては、

「技術的な壁やコスト」

があります。

MT4の場合は、プログラムを組まなくては、検証作業を行うことができませんし、他の検証ソフトの場合は有料の場合もあります。

これが二つ目の

「FXにおける検証作業のやり方」

になります。

いずれにせよ、あなたが行いたい検証作業の内容によって、随時使い分けていくことが重要になるわけです。

ちなみに、一般に販売されている情報商材は、検証作業の

「ネタ」

として、利用するのが正しいアプローチとなります。

本日は、「FXにおける検証作業のやり方」についてお話ししました。

「FXにおける検証作業のやり方」

1.エクセルを用いる

2.検証ソフト(MT4等)を用いる

の2つであることを押さえておいて下さいね。

このページの先頭へ