「FXマスター講座」の記事一覧(2 / 7ページ)

FXでマーチンゲール法は破産します。自動売買によくある嘘とは?

本日は、破産への最短距離であるマーチンゲール法についての話をします。

市販されている自動売買ソフトにもよく用いられているので注意しなければなりません。

マーチンゲール法とは、元々はカジノなどのギャンブルで用いられる手法です。

理屈は非常にシンプルで、最初の賭けで1万円負けたら、次は2万円賭けます。

それでも負けたら、次は4万円賭けます。

このように、勝つまで倍掛けを繰り返す手法を

「マーチンゲール法」

と言います。

この手法の一番のメリットは、何回連敗しても、勝った段階で確実にプラスになるということです。

どういうことかと言いますと、例えば1万円でスタートし、5連敗したとします。

1回目負け → -1万

2回目負け → -2万(累計-3万)

3回目負け → -4万(累計-7万)

4回目負け → -8万(累計-15万)

5回目負け → -16万(累計-31万)

この後、6回目に勝ったとすると、

6回目勝ち → +32万(累計+1万)

となります。

つまり、何回目に勝ったても、最初に賭けた金額分の利益が出るということです。

「いつ勝っても利益が出るのであれば、素晴らしい手法じゃないか!」

あなたは、そう思われたかもしれません。

しかし、それには一つ大切な視点が抜けています。

それは、

「資金は無限にあるわけではない」

ということです。

もし、10連敗したとすると、11回目の賭け金は、1024万円となります。

しかも、11回目に勝ったとしても、利益はたったの1万円です。

リスク対リターンが割に合いませんよね?究極の損大利小なわけですから。

しかしながら、10連敗というのは滅多に起こるものではありませんので、初心者であればあるほど、マーチンゲール法を用います。

結果、稀に起こる連敗により破産してしまうわけです。

実際の相場においては、

「100年の一度の暴落」

は、数年に1度くらいの頻度で起こりますので(笑)、気を付けなければいけません。

では、勝ち組FXトレーダーになるには、どのような資金管理をすれば良いのでしょうか?

その答えは、これまで述べてきたマーチンゲール法の逆をやれば良いわけです。

賭けに勝って、資金が増えれば、賭ける金額を増やし、賭けに負けて、資金が減れば、賭ける金額を減らすといった具合です。

私は、均等ポジション戦略と呼んでいますが、「逆マーチンゲール法」とも言うようですね。

資金管理は、勝ち組FXトレーダーになるための、最重要項目ですので、あなたも軽く見ないようにして下さいね。

FXにおけるスキャルピングの勝ち方、極意は?儲かる?負ける?

本日は、スイングトレード及びデイトレードで勝てるようになったトレード上級者にオススメしているスキャルピングについての話をします。

スキャルピングは、数分程度で売買を完結させる手法で、一日に何度も取引を繰り返すことが特徴です。

スプレッドの影響が非常に大きいため、トレード初心者にはオススメしませんが、スイングトレード及びデイトレードで勝てるようになった上級トレーダーにとっては、チャレンジする価値のあるトレード手法です。

私が考える「スキャルピングのメリット」は、以下の3つです。

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

2.資金効率を極限まで上げることができる

3.大きな含み損を抱えなくて済む

それぞれ説明していきます。

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

スイングトレードやデイトレードでは、ポジション保有期間が長いため、トレード回数は少なくなります。

スキャルピングでは、数分程度でエントリーからイグジットまで完了するため、1日の間に数多くのトレードを行うことができます。

トレード頻度が非常に多くなるため、トレードスキルの向上という意味ではスイングトレードやデイトレードよりも優位性があります。

要は、短期間で非常に多くのトレード経験が積めるメリットがあるということです。

これが、1つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

2.資金効率を極限まで上げることができる

1.で述べたとおり、スキャルピングはデイトレードやスイングトレードと比べて、トレード回数が非常に多いわけです。

ですので、1トレード当たりの利益は非常に小さいですが、ポジション保有期間が短いため、資金効率を極限まで高めることができます。

このことにより、複利の効果も極限まで高めることができます。

結果として、トータルリターンを極限まで大きくすることが可能であるということです。

もちろん、損切り(ロスカット)が連続した場合のトータルロスも相当なものになるため、その点については、注意が必要です。

これが、2つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

3.大きな含み損を抱えなくて済む

スキャルピングはポジション保有期間が非常に短いため、利食い、損切りのラインはおのずと非常に小さなものとなります。

ですので、きちんと売買ルール通りにトレードできるのであれば、小さな含み損で損切り(ロスカット)になりますので、大きな含み損を抱えることがありません。

ですので、あなたが、スイングトレードやデイトレードの場合に不可避である大きな含み損を、ストレスに感じるのであれば、スキャルピング手法が向くかもしれません。

その分、難易度はスイングトレードやデイトレードと比べて高いため、相応の覚悟が必要です。

これが、最後3つ目の

「スキャルピングのメリット」

になります。

本日は「スキャルピング」についてお話ししました。

「スキャルピングのメリット」

1.短期間で非常に多くのトレード経験が積める

2.資金効率を極限まで上げることができる

3.大きな含み損を抱えなくて済む

の3つであるということを覚えておいて下さいね。

FXにおけるデイトレードのメリット、タイミング、やり方は?

本日は、スイングトレードで勝てるようになったトレード中級者にオススメしているデイトレードについての話をします。

デイトレードは、1日で売買を完結させる手法で、日をまたいでポジションを持たないことが特徴です。

スプレッドの影響が大きくなるため、トレード初心者にはオススメしませんが、スイングトレードで勝てるようになった中級トレーダーにとっては、有力な選択肢となりうるトレード手法です。

私が考える「デイトレードのメリット」は、以下の3つです。

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

それぞれ説明していきます。

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

スイングトレードでは、数日から数週間ポジションを保有するため、どうしても取引回数は少なくなります。

トレード頻度が少ないため、トレードスキルの向上という意味では時間がかかります。

これに対して、デイトレードにおいては1日以内にエントリーからイグジットを行うため、スイングトレードと比べて取引回数は多くなります。

トレード頻度が多くなるため、トレードスキルの向上という意味ではスイングトレードよりも優位性があります。

要は、短期間で多くのトレード経験が積めるメリットがあるということです。

これが、1つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

1.で述べたとおり、デイトレードはスイングトレードと比べてトレード回数が多いわけです。

ですので、1トレード当たりの利益はスイングトレードと比べて小さいですが、トレード回数が多いことにより、複利の効果がより大きくなります。

結果として、トータルリターンは、スイングトレードよりも大きくなることが多いということです。

これが、2つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

デイトレードは、スイングトレードと比べてポジション保有期間が短いため、損切りラインも小さくなります。

損切りの際の損失額がスイングトレードと比べると小さいため、損切りの際の心理的抵抗が小さくなります。

日をまたいでポジションを持たないことから、寝ている間に、突発的なニュースが出て慌てることもありません。

これが、最後3つ目の

「デイトレードのメリット」

になります。

本日は「デイトレード」についてお話ししました。

「デイトレードのメリット」

1.スイングトレードよりもトレード経験が多く積める

2.スイングトレードよりも大きなリターンを得ることが可能

3.スイングトレードと比べてメンタル的に楽

の3つであるということを覚えておいて下さいね。

このページの先頭へ