「FX基礎講座」の記事一覧

FXトレードの初心者が特に知る必要がある投資とトレードの違いとは

本日は、「投資」と「トレード」の違いについてお話しします。

「投資」と「トレード」は全くの別物です。

全くの別物であるにも関わらず、

「自分が投資を行っているのかトレードを行っているのかよくわかっていない」

というのが負け組トレーダーによく見られる共通点です。

最初に、答えを言います。

「投資」とは、投資対象の本質的価値に価値をおいており、「トレード」とは、投資対象の値動き(価格)に価値をおいています。

といってもよくわかりませんよね?

もう少し詳しく説明します。

株式の場合がわかりやすいのですが、「投資」においては、投資対象企業の保有している現金や土地、収益率などからある程度、その企業の本質的価値を算出することが可能です。

と言いますのも、会社四季報などを見ると、全ての上場企業に対して保有している財産や収益実績、収益予想が記載されています。

これらの情報から、その企業の本質的価値がある程度わかるわけです(ファンダメンタルズ分析と言います)。

ですので、「A社の株の本質的価値は2,000円くらいだが、現在は1,500円で取引されている。割安なので買いだ!」といった判断が可能になるわけです。

これが、「投資」です。

しかしながら、短期的には価格は需給によって決まりますので、いつ価格が本質的価値に追いつくかわかりません。

下手すると、数年経っても、価格が本質的価値に追いつかない場合もあります。

これが、「投資」が持つリスクになります。

これに対して、「トレード」の場合は投資対象の「価格」にしか意味を持ちません。

今エントリーした場合、その直後に上がる可能性が高いか、下がる可能性が高いかということが重要です。

トレード対象の本質的価値に意味はありません。

今現在の価格が上がるか下がるかのみに着目しているわけですから、需要と供給を把握することが重要です。

ですので、「トレード」の場合は、トレード対象の本質的価値を見出すファンダメンタルズ分析ではなく、より短期間の値動きを予測するのに役立つテクニカル分析が中心になるわけです。

テクニカル分析では、トレード対象のチャートを見て、値が上がるか下がるかを判断します。

その際に用いられるのが、ローソク足やテクニカル指標といったものになります。

テクニカル分析により、一時的に売られすぎたものを買って利益を上げたり、トレンドに乗るタイミングを図ることが「トレード」です。

ですから、「トレード」はしばしば「投機」とも言われます。

「機会」に資金を投じるということですね。

FXの場合は、株式の場合と違って、「本質的価値」というものが存在しないため、「投資」ではなく、「トレード」の要素が強いわけです。

もちろん、様々な経済指標を分析し、総合的に判断している場合においては、「投資」の要素がないわけではありませんが、非常に難易度が高いためオススメしません。

ですので、FX取引を行う場合は、「投資」ではなく「トレード」を行っているという認識を持っていて下さい。

私tomiは、システムトレーダーですので、株式・FXのいずれにおいても「投資」ではなく「トレード」を行っています。

一時期、株式を対象に「投資」を行っていた時期もありますが、性格的に合わなかったため、「トレード」に転向したわけです。

ですので、私tomiのブログやメルマガでは、「投資」ではなく「トレード」についての話が中心となっています。

個人的には、余程大量の資金がない限りは、「投資」ではなく「トレード」を勧めます。

その理由は、「投資」では大きなリターンが見込めないからです。

一般投資家の場合、「投資」での利回りは、長期的に見ると年利5~10%もいけば上出来ではないでしょうか。

対して、「トレード」の場合、時間軸が短くなることによる複利効果により、「投資」の数倍のリターンを見込むことができます。

少なくとも、FXの場合においては、「投資」の要素は小さく「トレード」の要素が大きいわけです。

ですので、あなたには、是非ともトレーディングスキルを磨いて頂けたらと思います。

本日は、「投資」と「トレード」の違いについてお話ししました。

あなたが行っている取引が、「投資」なのか「トレード」なのか常に意識するようにして下さいね。

FXとパチンコの違いを比較すると、勝つための方法はどっちも同じ?

本日は、パチンコとFXの共通点についてお話しします。

前回、FXを除いて、唯一勝ち目のあるギャンブルとして、

「パチンコ」

について紹介しました。

その理由は、期待値の高さと、パチンコ台に対する技術介入に留まらず、店選び、台選びといったところでも、技術介入が可能であるということでした。

実際、私も学生時代にパチプロもどきのことをやっていた経験から、今回のお話しができるわけです。

さて、いきなりですが、あなたは、パチプロがどうやって稼いでいるか知っていますか?

恐らく、ご存知ないと思います。

何か不正な機械を使って、違法に玉を吐き出させるようなことをイメージしているかもしれません。

そういう違法なことをやっている人もいるかもしれませんが、一般のパチプロは、そのようなリスクの高いことはやりません。

一般のパチプロは、

「良い台を、長時間打つ」

ということに神経を集中させます。

ここで言う「良い台」とは、

「同じ費用で、より多く大当たり抽選が受けられる台」

です。

どういうことかと言いますと、パチンコというのは、大当たり確率が定められています。

例えば、1/300の確率で大当たりし、大当たりしたら¥10,000が得られるパチンコ台があるとします。

その場合、¥10,000で300回以上、大当たり抽選を受けられる台を打てば、長時間打てば打つほど利益が出ます。

したがって、パチプロは、より多くの大当たり抽選を受けられる台を見つけるために、店選び、台選び、釘読みなどの技術介入を行うわけです。

もちろん、そのような良い台であっても、1日単位であれば、確率負けすることはあります。

しかし、そのような良い台を連日長時間打てば、確率が収束し、利益になるということです。

パチプロは、このように「大当たり確率」に身を委ね、確率の収束により利益を得ているわけです。

ここでお話しした、「良い台」を「良い売買ルール」に、「長時間」を「多くのトレード回数」と置き換えれば、FXにおいても、パチンコと同様に考えることができます。

つまり、勝ち組FXトレーダーは、「良い売買ルール」「多くのトレード回数」を確保することで、利益を得ているわけです。

ここで言う「良い売買ルール」とは、

「自分の性格にピッタリ合った、期待値がプラスの売買ルール」

のことです。

FXの場合は、機械ではないため、勝つ確率が定義されているわけではありませんが、過去のデータを解析すれば、統計的に期待値を計算することができます。

もちろん、1回1回のトレードで見れば、勝つことも負けることもあります。

しかしながら、期待値がプラスの売買ルールであれば、トレード回数を増やしていくことで、長期的にみれば、利益が出せるということです。

勝ち組FXトレーダーは、このように「統計的優位性」に身を委ねることで利益を得ているわけです。

パチンコとFXには、このような共通点があります。

ここでは除外しましたが、株式や先物の場合もFXと同様です。

今回言いたかったことは、あなたが、今普通のサラリーマンであったとしても、パチンコやFXで利益を出すことは、

「十分可能」

だということです。

ですので、あなたが、今、負け組FXトレーダーであったとしても、決して諦めないで下さいね。

これといった取り柄のない私であっても、

「勝ち組FXトレーダー」

になれたわけですから、あなたが

「勝ち組FXトレーダー」

になれない理由はありません。

FX(外国為替)とギャンブル(宝くじ・競馬・パチンコ)の違いとは

本日は、様々なギャンブルに対するFXの優位性についてお話しします。

あなたは、FXとギャンブルの違いについて、どのように捉えていますか?

ひょっとしたら、「同じようなもの」と思われているかもしれません。

しかしながら、FXとギャンブルとでは、期待値面と技術介入度の観点から見て大きな違いがあります。

この事実が、今現在、私がFXを投資対象としている理由になります。

今回は、あなたにも馴染みのある一般的なギャンブルとして、宝くじ、競馬、パチンコ、そして比較対象として、FXについてお話しします。

1. 宝くじ

宝くじの期待値は約45%です。

これはどういうことかと言うと、10,000円分の宝くじを買った瞬間に、国や自治体などに5,500円持って行かれるということです。

で、残りの4,500円を、当たった人に分配しているということです。

胴元の国や自治体が損することはありません。

しかも、技術介入の余地もありません。

ですので、余程の強運の持ち主でもない限り、継続的に利益を出すことは不可能です。

この事実から、

「ロト6で儲かる!」

といった謳い文句の情報商材は、全て詐欺商材と考えて間違いありません。

あなたにしっかりと認識頂きたいことは、

「宝くじほど割に合わないギャンブルはない」

ということです。

この事実を決して忘れないで下さい。

2. 競馬

競馬の期待値は約75%です。単勝・複勝という形式での購入であれば約80%です。

これはどういうことかと言うと、10,000円分の馬券を買った瞬間に、国に2,000円~2,500円持って行かれるということです。

で、残りの7,500円~8,000円を、当たった人に分配しているということです。

胴元の国が損することはありません。

宝くじとは異なり、買い目の選択に技術介入できるため、宝くじと比べると、まだ可能性があります。

具体的には、「過小評価されている馬」を探すということです。

ここで言う「過小評価されている馬」とは、「実力の割に人気薄の馬」のことです。

要は実力とオッズの歪みを探すということです。

こう言うと簡単なように思えますが、実際は非常に難しいです。

その理由は、馬の実績の他に、馬の体調、馬場の状態、騎手、どの枠に入ったのかなど、実力とオッズの歪みを探すために、考慮しなければならない要素が多すぎるからです。

一部の天才馬券師を除き、私やあなたのような一般人が、期待値をプラスにすることは、困難であると言わざるを得ません。

抜け道として、競馬の期待値が国によって異なるという点があります。

日本では、競馬の期待値は約75%ですが、国によっては、より期待値が高い国が存在します。

競馬での資産運用を考えるのであれば、そういう期待値の高い国での実践を考えることで、道が開けるかもしれません。

3. パチンコ

パチンコの期待値は85%~95%程度(店や時期によって異なる)です。

これはどういうことかと言うと、10,000円分のパチンコ玉を買った瞬間に、パチンコ店に500円~1,500円持って行かれるということです。

で、残りの8,500円~9,500円を、当たった人に分配しているということです。

パチンコ店は民間がやっているため、競争原理が働きます。

そのため、国営のギャンブルより期待値が高くなるわけです。

今回紹介する(FX以外の)ギャンブルの中では、一番可能性があります。

パチンコ台に対する技術介入に留まらず、店選び、台選びといったところでも、技術介入が可能です。

実際、私も学生時代にパチプロもどきのことをやっており、結構稼げていました。

機械相手のため、勝つための理論もシンプルであり、FXなどと比べると、遥かに短い期間で勝ち組になれます。

一日で張れる金額が小さいため、一日当たりの期待金額が小さいことがデメリットですが、フリーター程度の収入であれば、十分に可能です。

とはいえ、パチプロの実体は肉体労働ですので、またやりたいとは思いませんが(苦笑)。

4. FX

FXの期待値は99%以上です。

実質スプレッド分が引かれるのみですので、これまでに紹介したギャンブルと比べて非常に有利です。

1%以下のスプレッド分が、FX業者の利益になるということです。

この期待値の高さに加えて、いつ買って、いつ売るのか、いくら買うのか等、技術介入できるポイントも豊富です。

これだけ期待値が高く、技術介入もできるのであれば、勝ち組になることは可能だとは思いませんか?

市場も大きいため、資金規模が多少大きくなっても、制約を受けることはありません。

また、

「トレードの本質」

を理解した上で、

「自分自身の性格にピッタリ合った売買ルール」

を作りさえすれば、半不労所得にすることも可能です。

他のギャンブルと比べた場合のFXの優位性は、一目瞭然ではないでしょうか?

だからこそ、あなたにFXを勧めているわけです。

ご理解頂けましたでしょうか?

本日は、様々なギャンブルに対するFXの優位性についてお話ししました。

あらゆるギャンブルと比べても、FXには圧倒的な優位性があるということを覚えておいて下さい。

このページの先頭へ