特別無料講座:FX初心者でも永続的に利益が出せるようになる方法

10年以上もの間相場で生き残り、今もなお利益を上げ続けている現役トレーダーが、その「全て」をあなたに「無料」で教えると言ったなら、あなたは興味ありますか?

私が10年以上のトレード経験から学んだノウハウを「全て」「無料」で公開している特別講座です。

「FX初心者が最初に遭遇する、0から1の壁をアッサリと超えてもらうため」特別に作成した50ページ以上のレポートも無料でプレゼントさせて頂きます。

*は入力必須です。フリーメールでの登録はご遠慮下さい。
 
氏名* 姓:名:
メールアドレス*
確認用メールアドレス*

デイトレードやスイングトレードでの利益目標の意味、立て方は?

FXマスター講座

こんばんは、tomiです。

本日は、デイトレードやスイングトレードでの利益目標の意味、立て方についてお話ししたいと思います。

よくデイトレーダーやスイングトレーダーが利益目標は○○%ですと言った話をよく聞きます。

有名トレーダーが

「○万円を△年で×倍にした」

といった話をよくするのも、その要因かもしれません。

では、サラリーマントレーダーや初心者トレーダーは利益目標を立てる意味はあるのでしょうか?

もし、利益目標を立てる意味があるのであれば、どのように立てれば良いのでしょうか?

その答えの一つとして、勝ち組トレーダーである私が毎年意識している目標についてお話しします。

私が毎年意識している目標は
以下の通りです。

・生き残る事

・致命傷を負わない事

・年単位でマイナスにならない事

・最大ドローダウン15%以下

「あれ、利益目標が入っていないじゃん」

あなたはそう思われたかもしれません。

そうです、利益目標がないんです。

利益目標がない代わりに、損失に対する目標ばかりが並んでいます。

これは、利益をコントロールするよりも、損失をコントロールする方がはるかに大切だと私自身考えているからです。

イメージしてみて下さい。

あなたはローリスクローリターンの売買ルールで運用していたとします。

その場合、生じるデメリットとしては、大きなリスクを取らなかったばかりに、大きな利益を取り逃す可能性があるということです。

少々後悔を感じることはあるかもしれませんが、日々の生活には影響ないはずです。

逆に、あなたがハイリスクハイリターンの売買ルールで運用していたとします。

その場合、生じるデメリットとしては、上手くいかなかった局面で、致命傷を負う可能性があるということです。

その場合、トレードを続けられなくなったり、借金により日々の生活にも影響が出てくるかもしれません。

生き残ってさえいれば、必ずチャンスはある

上記でお話しした理由から、私は生き残ること、致命傷を負わないことを最優先に考えています。

「生き残ってさえいれば必ずチャンスはある」

このことを、サラリーマントレーダーや初心者トレーダーの方は肝に命じておいて下さい。

実際、相場に参加し続けてさえいれば、誰でも儲かるような相場に出くわすこともありますから。

では、残りの目標を見ていきましょう。

3つ目の目標は

・年単位でマイナスにならない事

となっています。

私は現在、会社員との兼業トレーダーですので、本業に影響が出ないトレード手法ということで、スイングトレードがメインになっています。

モニタに張り付かなくては行えないようなトレードは行っていないわけです。

そのため、スキャルパーやデイトレーダーほどトレード回数が取れないため、月単位ではマイナスになることもあります。

しかしながら、年単位で見ると、相当数のトレード回数が確保できるため、

「大数の法則」

が働き、年単位ではプラスになるはずだと考えているわけです。

→FXで売買ルールを作るために理解すべき「大数の法則」のポイント

実際、結果として、2009年以降マイナスになった年はありません。

サラリーマントレーダーや初心者トレーダーは、最大ドローダウン目標を立てよう

最後の目標として、

・最大ドローダウン15%以下

というのをあげています。

人によって感じ方は違いますが、私的には、最大ドローダウン15%でもリスク取りすぎだと考えています。

売買ルール自体は、最大ドローダウン10%以内で作成していますが、実運用の際は最大ドローダウン15%まで許容するといったイメージです。

最大ドローダウン15%が、運用停止するポイントになるわけですね。

これは、私の場合、本業による定収入があるため、許容できる最大ドローダウンになります。

専業トレーダーであれば、最大ドローダウン5%以内で売買ルールを作成し、最大ドローダウン8%突破で運用停止といった形になるかと思います。

→ コンテンツ一覧へ

FX情報商材をぶったぎる。再現性を高め、収益をあげるには?

FXマスター講座

こんばんは、tomiです。

本日は、FX教材をどのようにトレードに利用するのかお話ししたいと思います。

私はこれまで

「自分の性格に合った売買ルールを」

「自分自身の手で」

「作成すること」

の重要性を繰り返しお話ししてきました。

売買ルールと一言でいっても、実際に売買ルールを作成するのは大変です。

あらゆる資金管理手法で、あらゆる仕掛け、決済手法でバックテストをする必要があります。(全数検索といいます)

簡単に言いますが、実際に全数検索を行うためには、それこそ膨大なバックテストが必要になるため、それなりのハイスペックPCが複数台必要になるでしょう。

「それでも俺はやる」

というのであれば、止めはしませんが、それでも膨大な時間がかかることは容易に想像できます。

「じゃあどうすればいいの?」

あなたはそう思われたかもしれません。

ここで、情報商材を利用するわけです。

情報商材の利用方法として、最も注意すべきことは、必ずロジック公開型の教材を購入するようにして下さい。

ロジック非公開の教材は何の役にも立たないということを肝に命じて下さい。

なぜなら、ロジック非公開の教材は、売買ロジックがわからないため、勝ち組トレーダーになるために必須である売買ルールを改善していく作業が行えないからです。

また、ロジック公開型の教材であっても、教材のロジックをそのまま使用してはいけません。

教材に目を通し、教材のロジックが納得いくものであれば、まずバックテストを行ってみて下さい。

過度な期待は禁物ですが、それなりに使えそうな結果が出た場合は、そのロジックの資金管理、時間軸、パラメータ等を自分の性格に合わせて変更し、再度バックテストを行ってみて下さい

この微調整を繰り返し行うことで、使える売買ルールになるかもしれません。

「メンドくせ」

あなたはそう思われたかもしれません。

しかしながら、こういった検証作業は自立した勝ち組トレーダーは例外なく確実に行っています。

ですので、このような検証作業が苦痛であるのなら、勝ち組トレーダーなど目指さず、今の仕事を頑張られた方が賢明だと思います。

私の場合、今でこそ検証に割く時間は減りましたが、駆け出しの負け組トレーダーの頃は、ヒマさえあれば、バックテストを行っていました。

そのような、

「下積み」

があったからこそ、

「今」

があるわけです。

私が持つノウハウは、このような下積みを経てきた経験をふまえて、私のような回り道をすることなく、最短距離を歩めるものとなっています。

ホンモノのFXノウハウに触れたい場合は、下記への参加を検討してみて下さい。

当然、ロジックも公開しています。

→ FX Systemtrade Masterに参加する

FX教材の検証ブログが、利益、収益につながらないたった一つの理由

FXマスター講座

本日は、巷に溢れるFX教材の検証ブログについて思うところをお話ししたいと思います。

FXの情報商材を評価しているレビューブログは星の数ほどありますが、大概が教材のサインや売買ロジックに従ってデモトレードを行い、

「○○の教材は販売後の成績が悪いからオススメできない」

とか

「△△の教材は販売後も成績が落ちていないからオススメです」

といった評価をしています。

「それの何が悪いの?」

あなたはそう思われたかもしれません。

これらの何が問題なのかと言うと、売買ロジックが理にかなっていないものであったり、売買ロジック非公開であったとしても、

「販売後の成績が良い」

という一点だけをとって

「Sランク教材」

になってしまうわけです。

たまたま、販売後の相場が、教材にフィットしただけで、苦手な相場ではボロ負けする可能性もあるわけですが、そこの考慮が抜け落ちてしまっているということです。

本来であれば、販売後に運用成績が落ちたとしても、売買ロジックの根幹が正しいものであれば、それは高く評価されるべきなのです。

しかしながら、レビューブログの運営者のほとんどがトレードをろくに行ったことのないアフィリエイターであるため、評価するポイントがトレーダー目線からずれてしまうわけです。

「販売後の成績が良い」という一点だけをとって「Sランク教材」になっているFX教材としては

「ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)」

「Black AI Strategy FX(ブラストFX)」

などがあります。

これらの教材は売買ルール非公開であるためトレーダー目線で見ると、全く買う価値はありません。

しかしながら、レビューブログを運営しているアフィリエイター目線で見ると、

「販売後の成績が良い」

という一点で、情報弱者やFX初心者には売りやすい教材なわけです。

そもそもなんですが、勝ち組トレーダーが、一般販売されているFX情報商材の売買サインや公開ロジックをそのまま使用することはありえません。

なぜなら、他人と同じ売買ルールを使用するなんて、トレーダーとしての視点で見ると、恐怖以外の何物でもありませんから(笑)。

ですので、トレーダーが、FX教材の売買ロジックをそのままデモトレードする理由がないわけです。

トレーダーの視点で見ると、公開ロジックが納得いくものであれば実際にバックテストを行いますが、その場合も、公開ロジックをそのまま使うのではなく、自分の性格や資金量を考慮して、売買ロジックを改良していきます。

改良していった結果、

「使い物になりそう」

と判断できるレベルまで到達して、初めてフォワードテストやデモトレードをを行いますので、デモトレードの段階では、売買ルールが販売ロジックの原型を留めていない場合も多々あります(笑)。

上記理由から、これらのレビューを行っているのは、トレーダーではなくアフィリエイターである可能性が非常に高いわけです。

このたった一つの理由から、

「FX教材の検証ブログは、利益、収益につながらない」

と考るのが妥当です。

ですので、これらのレビューブログはアフィリエイターが書いた

「読み物」

として、話半分に見るようにして下さいね。

→ コンテンツ一覧へ

ページの先頭へ